保育現場の魅力・やりがい向上の取組みを強力に推進します

更新日:2022年06月28日

保育業務改善イメージ

小牧市では、保育士の業務改善や働き方改革を進めるとともに、よりやりがいを持って働くことができるよう、様々な取組みを実施しています

 

正規保育士の適正配置

正規保育士を計画的に雇用

各園にフリー保育士1人を配置

令和4年度から

保育士賃金改善

他市町村に先駆け、公立保育施設の正規保育士に保育業務手当て(毎月9,000円)を支給

正規保育士の初任給(大卒)は県内最高水準(188,700円)

令和4年2月から

保育園におけるICTの推進

Wi-Fi環境の整備

PC、iPadの各園設置、iPod touchの各クラス設置

通訳サービスの導入(市役所と共有)

保育園等職場環境向上事業(PDFファイル:124.6KB)

令和4年6月から

保育支援システムの導入

令和5年1月導入予定

保育業務の見直し、改善

登降園管理

保護者への一斉連絡

園児の写真記録管理

職員のシフト管理

業務分担の明確化、見える化

令和5年1月実施予定

土曜日共同保育の実施

土曜日共同保育の実施に伴う土曜日の保育士勤務体制の見直し

モデル地区で令和4年10月から実施予定

保育現場の魅力、やりがい向上検討委員会の設置、実施方針の策定

保育環境の改善、保育士の働き方改革の推進

取り組み内容の検証

令和4年2月 委員会設置

令和4年4月 実施方針策定

園長OB による園長相談

孤独や不安を抱える園長の相談体制の構築

令和4年7月から

保育園の適正配置

 

大山保育園と第一幼稚園を統合し認定こども園化

令和8年度開園予定

北里保育園と藤島保育園の統合・民営化

令和10年度開園予定

保育園の老朽化対策

老朽化した公立保育園の建替えを前倒しで実施

令和4年度適正配置計画見直し

保育園のLED化

すべての公立保育園の照明をLED化

令和5年度以降順次実施予定