お探しの情報を検索できます

サイト内検索の使い方

パートナーシップ・ファミリーシップ制度にかかる自治体間連携を開始します

更新日:2024年04月01日

ページID: 44084

自治体間連携の概要

自治体間連携の協定を締結している自治体内で、すでにパートナーシップ・ファミリーシップ制度の宣誓を行い、証明書等の交付を受けている方については、小牧市に転入する際に必要書類を提出することで転出元の自治体への返還手続きが不要になります。ただし、小牧市のパートナーシップ・ファミリーシップ宣誓制度の要件を満たす方に限ります。他自治体の制度については、それぞれの自治体のリンク先をご確認ください。

パートナーシップ・ファミリーシップ制度にかかる自治体間連携イメージ図

【連携先】春日井市豊山町(自治体名をクリックいただくと、リンク先をご確認いただけます。)

【運用開始日】令和6年3月1日

詳しくはこちら(PDFファイル:217.8KB)をご覧ください。

小牧市パートナーシップ・ファミリーシップ宣誓制度とは

パートナーシップ・ファミリーシップ宣誓制度は、互いを人生のパートナーとし、日常生活において協力し合うことを約束した性的マイノリティのお二人が、パートナーシップにあることを市に宣誓し、宣誓したことを市が証明する制度です。

また、お二人に未成年のお子様がいらっしゃる場合は、併せてファミリーシップを宣誓することができます。

この制度は、婚姻制度とは異なり、法律上の効力(相続、税金の控除等)が生じるものではありませんが、周囲の方の理解が得られないことによる悩みや生きづらさを少しでも軽減し、お二人の自分らしい生き方に寄り添うことを目的としています。

宣誓書受領証明書等を市役所の窓口に提示いただくことで、市営住宅の入居申込等、パートナーとして利用可能な手続きがあります。詳しくはこちら(PDFファイル:672.8KB)をご覧ください。

制度を利用することができる方

宣誓をされる方は、次の要件をすべて満たす必要があります。

〇パートナーシップの宣誓をするとき

  • 双方が成年に達していること
  • 双方が小牧市民であること、又は一方が市内に住所を有し、他方が3カ月以内に転入を予定していること
  • 双方に配偶者がいないこと
  • 双方が宣誓者以外の方とパートナーシップにないこと
  • 民法に規定する婚姻できない続柄(直系血族、三親等内の傍系血族、直系姻族)でないこと

〇ファミリーシップにあることを併せて宣誓するとき

  • パートナーシップのお二人、またはどちらか一方に未成年のお子様がいること

手続きの流れ

(1)宣誓日の事前予約

  • 宣誓を希望される日の原則7日前までに、電話またはメールにより予約をしてください。宣誓日時の調整・必要書類等の説明をさせていただきます。

※受付時間:9:00~17:45(土・日・祝日及び休館日を除く)

状況等によりご希望に添えない場合がありますのでご了承ください。

(2)宣誓日当日

  • 予約した日時に、下記の必要書類をお持ちのうえ、必ずお二人で多世代交流プラザ窓口までお越しください。
  • 提出書類と要件の確認、及び本人確認を行います。

※宣誓場所はプライバシーに配慮したスペースもご用意できますので、予約時にご相談ください。

(3)パートナーシップ・ファミリーシップ宣誓書受領証明書等の交付

  • 宣誓書提出後、1週間程度で「小牧市パートナーシップ・ファミリーシップ宣誓書受領証明書」を1枚、「小牧市パートナーシップ・ファミリーシップ宣誓書受領証明カード」をお一人1枚ずつ直接交付します。

※宣誓書提出後内容確認等に時間を要する場合がありますので、ご了承ください。

宣誓に必要な書類

 (1)お二人の住民票の写し、または住民票記載事項証明書

  • 3か月以内に発行されたもの
  • 本籍・筆頭者、世帯主・続柄、住民票コード、個人番号の記載は不要
  • 同一世帯になっている場合は世帯全員の分1通で構いません。

※宣誓書において、職権での住民登録情報の取得に同意いただいた方は、提出を省略することができます。

(2)転出証明書

  • 市内に転入予定の方

(3)お二人の戸籍謄(抄)本又は独身証明書(本籍地にて発行)

  • 3か月以内に発行されたもの

※外国籍の方は、大使館等の公的機関が発行する独身証明書や婚姻要件具備証明書等(日本語訳添付)をお持ちください。

(4)ファミリーシップの対象とする方との関係を証明する書類

  • 併せてファミリーシップの宣誓をする場合は、ファミリーシップ対象者の戸籍謄本又は戸籍抄本をお持ちください。

※(3)の証明する書類 により確認できる場合は省略することができます。

(5)本人確認書類

  • 本人確認ができる書類を、顔写真付きであれば1点、なければ2点お持ちください。

【1点の提示で足りるもの】

  • マイナンバーカード
  • 旅券(パスポート)
  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • 在留カード又は特別永住者証明書
  • 国又は地方公共団体が発行した身分証明書(顔写真付き)※有効期間、有効期限の定めがあるものについては、その有効期間内、有効期限までのものであること

【2点の提示で足りるもの】

  • 住民基本台帳カード(顔写真なし)
  • 国民健康保険、健康保険、船員保険、介護保険、後期高齢者医療保険の被保険者証
  • 共済組合員証
  • 年金手帳
  • 国民年金、厚生年金保険の年金証書
  • 学生証、法人が発行した身分証明書

(6)通称名を使用する場合に必要な書類

  • 社会生活の中で日常的に使用していることが客観的に分かる通称名が記載された書類(通称名で届いた郵便物など)をお持ちください。

宣誓書受付開始

令和5年2月1日~

宣誓書及び手引きダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

こども未来部 多世代交流プラザ 男女共同参画係
〒485-0041 小牧三丁目555番地
電話番号:0568-71-9842 ファクス番号:0568-71-8612

お問い合わせはこちらから