お探しの情報を検索できます

検索の使い方はこちらをご覧ください

がん患者の方へ医療用補整具購入費の助成をします

更新日:2022年12月05日

小牧市ではがん患者の方の治療・就労・社会参加等との両立を支援し、療養生活の質の向上を図るため医療用補整具※1(ウィッグ・乳房補整具)の購入費助成を令和4年7月より実施します。

※1…アピアランスケア用品と呼ばれる事もあります。

対象者

下記の全てに該当する方

・申請日に小牧市内に住民登録をしている方※2

・がんと診断され、治療に伴う脱毛や乳房切除によりウィッグや乳房補整具が必要な方

・市税(市県民税、固定資産税及び国民健康保険税)を滞納していない方

・過去に愛知県内の他の市町村から同様の助成を受けていない方

※2…市長が必要と認めた方(災害避難者等特別な場合)は、対象となる場合があります。事前に保健センターへご相談ください。

助成対象品・回数・金額

助成対象品

令和4年4月1日以降に購入した下記のものが対象です。

(1)全頭用・部分用ウィッグ(ウィッグと同時申請の場合のみ、頭皮保護用ネットを含む。)

(2)乳房補整具(補整下着、補整パッド又は人工乳房。乳房補整具と同時申請の場合のみ、それらを固定する下着を含む。)

助成回数

「(1)ウィッグ」「(2)乳房補整具」それぞれ一人1回限り

助成金額

購入費用の2分の1※3(「(1)ウィッグ」「(2)乳房補整具」それぞれ上限2万円

※3…1,000円未満は切り捨て。

申請期限

助成対象品を購入した日(領収書の日付)の翌日から1年以内

※転出される場合は転出日前日までに申請してください。転出後の申請は受付できません。

申請方法

(1)ウィッグ・乳房補整具の購入

お好きなウィッグ・乳房補整具を購入し、必ず領収書を受け取ってください

助成対象品の個数は問いませんが、複数購入の場合は申請期限内でまとめて申請してください。

(2)助成金の申請

購入後、下記の「関連書類」の内容を十分にご確認の上、保健センターへ必要書類を提出してください。(郵送可)

必要書類

・小牧市がん患者医療用補整具購入費助成金交付申請書(様式第1)※4

・小牧市がん患者医療用補整具購入費助成金交付請求書(様式第4)※4

・治療を証明する書類(写し)※5…同意書、診療明細書、治療方針計画書、お薬手帳等

・領収書原本※6…宛先(申請者又は助成対象者氏名)・購入日・購入金額(税込)・品名・金額の内訳・領収書発行者の名称の記載が必要です。

・申請者名義の振込先通帳(写し)…申請者名義の銀行・支店・口座名が確認できるページの写し

※4…このページ下記よりダウンロード可能です。保健センター等でも書類一式を配布しています。

※5…【ウィッグ】脱毛の副作用がある抗がん剤使用や治療等【乳房補整具】乳房の変形を伴うがんの外科的治療等、それぞれ確認できる書類
※6…詳細については「記載例」「Q&A」を参考にしてください

申請先

小牧市保健センター 予防検診係

住所:〒485-0044 小牧市常普請一丁目318番地

電話番号:0568-75-6471

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで

閉庁日:土曜・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

 

関連書類

【病院・事業者の方へ】

小牧市に住民票登録をされている、がんと診断された方やその家族で必要な方がみえましたら、本助成事業についてホームページ紹介やPRチラシ(ダウンロード・コピー可)をお渡しいただく等、情報提供いただければ幸いです。

チラシや申請の関連書類一式を複数部必要とされる場合は、用意して送付させていただきます。下記問い合わせ先までご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康生きがい支え合い推進部 保健センター 予防検診係
電話番号:0568-75-6471 ファクス番号:0568-75-8545

お問い合わせはこちらから