平成29年(2017)10月26日に小牧山が国の史跡に指定されてから90年を迎えました

更新日:2017年12月13日

平成29年10月26日に小牧山が国の史跡に指定されてから90周年を迎えました。

指定理由

小牧山は、永禄6年(1563)に織田信長が初めて築城したこと、天正12年(1584)に羽柴秀吉と徳川家康が戦った小牧・長久手の合戦で、家康軍が本陣とした地であること、その後尾張藩により手厚く保護されたため、堀や土塁などの遺構が現在においても良好に残っていることなどから、昭和2年(1927)に国の史跡に指定されました。

小牧山国史跡指定90周年PRポスターを作成しました

小牧山に歴史的価値があることを知ってもらい、また興味をもってもらうことで、小牧山の歴史に触れるきっかけ作りや、愛着や誇りをもってもらうため、この度、PRポスターを作成しました。小牧市内の公共施設等に設置しています。

歴史溢れる小牧山へ是非、お越しください。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 小牧山課 史跡係
小牧市役所 本庁舎3階
電話番号:0568-76-1623 ファクス番号:0568-75-8283

お問い合わせはこちらから