お探しの情報を検索できます

検索の使い方はこちらをご覧ください

高齢者インフルエンザ予防接種について

更新日:2022年09月26日

対象者

  1. 65歳以上の方
  2. 60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有するものとして厚生労働省令の定める基準の方

接種期間

令和4年10月1日(土曜日)~令和5年1月31日(火曜日)

新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行に備えて、小牧市指定医療機関での接種開始を例年より早めて実施します。(市外の病院は例年通り10月15日から開始です)

例年は自己負担1,200円ですが、今年度は愛知県から自己負担分に対する補助があるため、自己負担は0円です。

接種料金

0円 (1人1回に限る)

例年は自己負担1,200円ですが、今年度は愛知県から自己負担分に対する補助があるため、自己負担は0円です。

接種場所

市内指定医療機関(ワクチンの入荷状況により、各医療機関で対応できない場合があります。事前に医療機関へお問い合わせください。)

(注意)市外で受けられる方は手続きが必要です。詳細はページ内「市外で接種される方へ」をご参照ください。

市外で接種される方へ

(1)愛知県広域予防接種の実施医療機関で受けられる方

事前に保健センターで申請が必要です。必ず保健センターまでご連絡ください。申請後にお渡しする、広域予防接種「連絡票・済証」と「予診票」を医療機関へ提出し、接種してください。

1、下記の申し込みフォームから申請する(10月1日から申し込むことができます)

郵送でのお届けになります。申請後1週間程度(年末年始を挟む場合は2週間程度)お時間をいただきますので、ご了承ください。

2、保健センターの窓口で申請する(10月3日から申請することができます)

申請後であっても、定期予防接種の期間(10月15日から翌年の1月31日)以外で接種すると、接種費用は全額自己負担となります。

(2)愛知県広域予防接種を実施していない医療機関で受けられる方

事前に保健センター窓口で申請が必要です。申請後、保健センターから送付された書類を医療機関へ提出し、接種してください。接種後、保健センター窓口にて償還払いの手続きが必要です。手続き後、接種費用(上限あり)を振り込みにて返金します。返金の手続きは3月中までにお願いします。

 

新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンの同時接種について

新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種は可能です。ただし、インフルエンザワクチン以外のワクチンは、新型コロナワクチンと同時に接種できません。互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。

新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種については、単独で接種した場合と比較して、有効性及び安全性が劣らないとの報告があること等を踏まえ、令和4年7月22日開催の厚生労働省の審議会において議論された結果、実施が可能となりました。

 

(厚生労働省 新型コロナワクチンについて)

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康生きがい支え合い推進部 保健センター 予防検診係
電話番号:0568-75-6471 ファクス番号:0568-75-8545

お問い合わせはこちらから