こまき市民討議会

更新日:2017年09月01日

市民が市政に参画する新しい試みとして、(一社)小牧青年会議所からの企画提案による協働事業『こまき市民討議会』を開催します。

こまき市民討議会では、無作為抽出による参加案内に応え集まった市民が、市政課題や地域の問題について少人数のグループで討議し意見をまとめます。

これにより、多様な市民の潜在的な声を聴き、市政に対する市民参画意識の高揚を図ります。

市民討議会とは

市民討議会は、ドイツなどで取り入れられている、市民参加の手法「プラーヌンクスツェレ(計画細胞)」をアレンジしたもので、無作為抽出で選ばれた市民の皆さんにまちづくりの課題などについて話し合っていただき、そこで出された意見や提言をまとめ、行政の施策に活かしていこうとするものです。

これまで行政に声を届ける機会の少なかったサイレントマジョリティー=「物言わぬ大勢」と言われる市民の参加を促し、その「声なき声」を行政施策に反映させる手法として活用されています。

特徴

 

【参加者は無作為抽出で選びます】

 

これまでの公募方式と異なり、直接的な利害を持たない参加者が見込め、公平な討議をすることが期待できます。また、これまで市政に参加する機会の少なかった市民に対し、参加意欲を促す効果があります。

 

【参加者には謝礼が支払われます】

 

討議参加の対価として謝礼が支払われることにより、参加者は討議することを一つの「仕事」として捉え、責任感と積極性を持って取り組むことができます。

 

【専門家からの情報提供】

 

討議の前に、専門家や行政担当から討議の基礎となる情報を提供することにより、基礎知識を持たない市民も討議に公平に参加することができます。

 

【グループでの討議・全員での投票】

 

討議は、少人数グループにより行い、個人の意見ではなくグループの意見としてまとめ、発表の後、参加者全員による投票で最終的結論へと導かれます。グループのメンバーは討議テーマごとに入れ替わり、議論の活性化が図られます。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 協働推進課 市民協働係
小牧市役所 本庁舎4階
電話番号:0568-76-1629 ファクス番号:0568-75-5714

お問い合わせはこちらから