第二次小牧市環境基本計画

更新日:2017年08月31日

計画の目的と役割

環境基本計画は、地域の環境の保全に関する施策を、総合的かつ計画的に推進するための計画です。

本市は、平成15年(2003年)3月に第一次となる環境基本計画(第一次計画)を策定し、平成17年(2005年)には小牧市環境都市宣言を行い、平成20年(2008年)3月の改訂を経て様々な環境施策を推進してきました。実施すべき重点施策については、その進捗状況を毎年点検し、年次報告書として公表することにより、計画を着実に推進するよう努めてきました。

この間、地球温暖化の顕在化、生物多様性の損失などが社会的に重要な課題として取り上げられるようになりました。さらに、平成23年(2011年)3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故をきっかけとして、原子力発電により地球温暖化対策を推進しようとする、これまでのエネルギー政策の転換を迫られることになりました。

このような状況の中、第一次計画が平成24年度(2012年度)に計画の最終年度を迎えたため、社会情勢の変化と長期的な展望をふまえ、第二次となる環境基本計画(第二次計画)を策定しました。

計画の位置づけ

環境基本計画は、小牧市環境基本条例第8条にその策定が義務付けられています。この計画と他の計画との関係は、総合計画から展開する各種計画の環境に関する施策や事業について、横断的に整合を図るものです。

環境基本条例では、環境基本計画に以下の事項を定めることにしています。

  1. 環境の保全及び創造に関する総合的かつ長期的な目標
  2. 環境施策の基本的な方向
  3. 上記のほか、環境施策を総合的かつ計画的に推進するために必要な事項

なお、平成21年(2009年)3月に策定した小牧市地球温暖化対策地域推進計画は、第一次計画の重点施策と多くの施策が重複していました。これら施策の進捗管理を一元的に行うため地球温暖化対策地域推進計画は、第二次計画に包括し、地球温暖化対策に関する記述を地球温暖化対策地方公共団体実行計画(区域施策編)と位置づけることにしました。

計画の期間

第二次計画の計画期間は、平成25年度(2013年度)から平成30年度(2018年度)の6年間とします。

添付ファイル

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 環境対策課 政策推進係
小牧市役所 本庁舎2階
電話番号:0568-76-1181 ファクス番号:0568-72-2340

お問い合わせはこちらから


「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。