QRコード決済(公共施設の入場料等)の実証実験

更新日:2021年10月01日

本実証実験は終了しました。皆様のご協力ありがとうございました。

end1
1.実証実験の概要

公共施設での利用者の利便性向上を図るため、令和3年7月20日(火曜日)より、一部の公共施設の入場料等の支払いに、QRコード決済「paypay」、「LINE Pay」を試験導入し、有用性や利用状況、業務フロー等を検証します。

paypay3
LINEPay2
2.期間

令和3年7月20日(火曜日)~令和3年9月30日(木曜日)

 

3.対象施設・料金
  • 歴史館 入場料
  • れきしるこまき(小牧山城史跡情報館) 入場料
  • 中部公民館(プラネタリウム) 入館料
  • パークアリーナ小牧(トレーニングジム) 使用料※

※1回券、定期券の購入が対象です。回数券は対象外です。

利用方法

利用者がスマートフォンで、窓口カウンターに設置されたQRコードを読み取り、入場料等の金額を入力し、決済します。

※注意

・QRコード決済を利用するためには、事前に「PayPay]、「LINE Pay」のアプリをダウンロードし、残高をチャージする等の準備が必要です。

・QRコード決済を利用する場合、領収書の発行ができません。領収書が必要な場合は現金にて、お支払いください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 行政改革課 デジタルイノベーション係
小牧市役所 本庁舎5階
電話番号:0568-76-1113 ファクス番号:0568-71-3138

お問い合わせはこちらから