緊急事態宣言に伴う公民館等の利用制限について(2月3日更新)

更新日:2021年02月04日

令和3年1月13日、新型コロナウイルス感染症に関する「緊急事態宣言」が国から発出されたことを受け、県から「特措法に基づく緊急事態措置」として、オール愛知で感染防止対策を全力で推進にあたるための取り組みが示されました。
これらを踏まえ、感染拡大防止対策をさらに推進し、市民の皆さまの命と暮らしを守るために、緊急事態宣言が終了するまで、公民館等の利用制限を行います。

1.利用停止施設

市民会館、市公民館、中部公民館、市民センター、コミュニティセンター、まなび創造館、青年の家

2.利用停止期間

緊急事態宣言中(~3月7日予定)

3.注意事項

・会議室等がある施設において会議利用目的(マスク着用)は認めます。ただし、利用人数については定員の50%以下とします。
・中止が困難な場合(既にチケットの販売が開始されているイベント等)については、利用について市と協議してください。
・中止が困難でやむを得ず利用する場合についても、利用時間は午後8時までとします。
・施設利用中は常時マスクを着用し、飲食(お茶を含む)は、禁止します。

4.その他
・施設利用のキャンセルに伴う施設使用料等については、還付します。
・新規予約については、当面仮予約とし、施設利用再開後、本予約を開始します。


※2月1日、2日及び3月1日、2日開催予定の施設利用抽選会については延期(期日未定)とします。

この記事に関するお問い合わせ先

健康生きがい支え合い推進部 文化・スポーツ課 施設運営係
小牧市役所 本庁舎3階
電話番号:0568-76-1167 ファクス番号:0568-75-8283

お問い合わせはこちらから