新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う公民館等の利用について(令和4年8月5日更新)

更新日:2022年08月05日

公民館等の利用について(令和4年8月5日更新)

公民館等の利用方針(新型コロナウイルス感染予防対策)

新型コロナウイルス感染症の第7波は、感染力が強いといわれるオミクロン株のBA.5へ置き換わりが進んでいることもあり、小牧市内でも7月に入り感染者が急増しており、このような状況の中、愛知、岐阜、三重の東海3県が足並みを揃え、「BA.5対策強化宣言」を行いました。

それに伴い、宣言期間中のスポーツ施設等の利用について下記のとおり対応します。

特に、夏休み、お盆の期間中は、都道府県をまたぐ旅行や、帰省など、人流が増加することが見込まれますので、引き続き、こまめな手洗い、マスク(不織布マスクを推奨)の着用、定期的な換気など、感染防止対策の徹底を前提としての対応をお願いします。

1. 適用日

令和4年8月5日(金曜日)~8月21日(日曜日)

2. 対象施設

市公民館、市民会館、中部公民館、市民センター、コミュニティセンター、まなび創造館、青年の家

3.利用時間   

通常どおり

4.利用条件等
■利用人数の制限:大声の発生を伴う活動、マスクの着用ができない活動における利用については、利用人数定員の1/2以下とします。

■会議室等で会食、飲食をする際は、同一テーブルに4人までを目安に、黙食を基本とし、飲食するときだけマスクを外し、会話の際はマスクを着用する「マスク会食」を徹底してください。

5.感染症防止対策の徹底
■施設管理者の役割
・来館者等への注意喚起をします。
  来館者等の目につきやすい場所に、感染防止対策等の注意喚起の掲示を行います。
・多くの方が接触する場所(手すり・ドアノブ等)の消毒等を実施します。
・消毒設備等を設置します。
・利用者名簿(氏名及び緊急連絡先)を適切に管理します。
新型コロナウイルスの感染発生の疑いがある場合は、必要に応じて保健所等の公的機関へ提供することを事前に周知するなど、個人情報を適切に取り扱います。
・スタッフのマスク着用、受付時における飛沫感染防止策を徹底します。
■施設利用者へのお願い
・マスクの着用、手洗い又は手指消毒の徹底などの感染予防対策をしてください。
・利用チェックシートを提出してください。
・体調が悪い又は発熱等の症状がある場合は、利用を自粛してください。
・室内の定期的な換気(1時間に1回程度以上)、適切な間隔の確保(1m~2m)など3つの密(密閉、密集、密接)を避けた活動を実施してください。
・利用者名簿(氏名及び緊急連絡先)を提出してください。(利用者全員に連絡をとることができる場合を除きます)

6.その他
■ロビー、休憩スペースの利用
・長時間の滞在や対面での会話を回避する工夫してください。
・間隔を置いたスペースづくり(テーブル・いす等の撤去又は間引き)などの工夫をします。
・テーブル、いす等の定期的な消毒を実施します。
■イベント等の開催制限
イベントなど、催物の開催については制限があります。事前にご相談ください。
■その他
・その他、国・県の指針及び公民館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(令和3年10月19日 公益社団法人全国公民館連合会)に準じた感染防止対策を講じます。

・施設利用キャンセルについて、BA.5対策強化宣言期間の8月21日まではキャンセルの申し出があれば、「災害その他特別の理由により利用ができなくなった場合」とみなし、全額還付します。

施設利用者に新型コロナウイルス感染者及び濃厚接触者が含まれる場合は、利用許可を取り消し、施設使用料及び付属設備使用料を還付します。

利用人数の制限について(PDFファイル:420.8KB)

感染症対策チェックシート(PDFファイル:482.4KB)

利用者名簿(PDF:35.2KB)

この記事に関するお問い合わせ先

健康生きがい支え合い推進部 文化・スポーツ課 施設運営係
小牧市役所 本庁舎3階
電話番号:0568-76-1167 ファクス番号:0568-75-8283

お問い合わせはこちらから