現在位置 : ホーム市民の方へ届出・証明 › 入管法・住民基本台帳法が変わりました!


ここから本文です。

入管法・住民基本台帳法が変わりました!

ID番号 K964 更新日 平成28年6月3日

外国人住民の方にも住民票が作成されました

日本に入国・在留する外国人が年々増加していること等を背景に、市町村が、日本人と同様に、外国人住民に対し基礎的行政サービスを提供する基盤となる制度の必要性が高まっていました。
このため、外国人住民についても、日本人と同様に、住民基本台帳法の適用対象に加え、外国人住民の利便の増進及び市町村等の行政の合理化を図るための、「住民基本台帳法の一部を改正する法律」が平成24年7月9日に施行されました。

改正のポイント(何が変わったか!)

外国人登録制度が廃止され、住民基本台帳法の適用対象に加わりました

  • 日本人と外国人の住民票が世帯ごとに編成されます。
    混合の世帯でも世帯全員が記載された住民票の写し等が発行できます。
  • 小牧市から他市町村へ住所を移す場合、転出届が必要です。

外国人登録証明書に替わり、在留カード又は特別永住者証明書が交付されます

  • 市への届出が必要になるのは、住居地を新たに定めた場合、及び住居地に変更があった場合です。
    在留資格の取得・変更や旅券等の変更に伴う申請先は、入国管理局になりました。
  • 特別永住者証明書の交付申請の窓口は市役所です。

(注)今回の法改正により、外国人住民の方にとって利便性が向上し、負担が軽減されるよう考慮されています。

住民票を作成する外国人住民の対象者

短期滞在者等を除いた、適法に3か月を超えて在留する外国人の方で住所を有する人

  1. 中長期在留者(在留カード交付対象者)
  2. 特別永住者
  3. 一時庇護許可者又は仮滞在許可者
  4. 出生による経過滞在者又は国籍喪失による経過滞在者

法改正の詳細については、総務省及び法務省のホームページをご覧ください。

改正後イメージ図

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 市民課 住民登録係
小牧市役所 本庁舎1階
電話番号:0568-76-1122 ファクス番号:0568-76-1328
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページのトップへ戻る


表示 PC スマートフォン

Copyright (C)Komaki City All rights reserved.