充実の教育設備と魅力ある授業

更新日:2021年02月17日

学校が楽しいと思う小牧市のこどもは91.4%(令和2年市民意識調査より)

教室で起立する児童たち

小牧市では、安全で快適な学習環境の整備、教職員の指導力向上、いじめ・不登校の防止、調和のとれた人間形成への支援などにより、次代を担う力を持つこどもたちの育成に取り組んでいます。
この結果、令和2年において「学校が楽しい」と思うこどもの割合は91.4%に達しています。

全小中学校で児童生徒1人1台タブレット等の整備

タブレットで授業を受ける生徒たち

児童生徒1人1台のタブレットを整備し、授業等で活用しています。また、電子黒板機能付きプロジェクタ、スクリーン、実物投影機、指導者用デジタル教科書、各種ソフトウェアなど、充実したICT環境を整備し、「時代を切り拓くこども」の育成に努めています。

「学び合う学び」の推進

生徒同士が意見を言い合う様子

教師が一方的に知識を教える一斉授業を見直し、こどもが相互に学び合い、多様な考えにふれ、新しいことに気づき、思いやりや他者理解を深める「学び合う学び」による授業の実現を図り、与えられる学力ではなく、こどもが自ら学力を獲得しようとする力を育てます。

全小中学校にエアコン設置(普通教室と一部の特別教室)

エアコンが設置された教室の画像

全ての小中学校の普通教室にエアコンを完備しています。

主な特別教室への設置

  • 令和2年度 中学校
  • 令和3年度 小学校1期
  • 令和4年度 小学校2期