現在位置 : ホーム市民の方へ環境大気環境 › 愛知県内の微小粒子状物質(PM2.5)について


ここから本文です。

愛知県内の微小粒子状物質(PM2.5)について

ID番号 K7519 更新日 平成28年3月7日

微小粒子状物質(PM2.5)とは

PM2.5とは、粒径が2.5μm(1μm[マイクロメートル]=1/1,000mm)以下の大気中に浮遊する粒子状物質(Particulate Matter)のことをいいます。粒径が非常に小さいため、肺の奥まで入りやすく、肺がん、呼吸器系への影響に加え、循環器系への影響が懸念されるといわれており、平成21年9月9日に環境基準が設定されました。

<環境基準:1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること>

PM2.5は単一の化学物質ではなく、炭素、硝酸塩、硫酸塩、金属を主な成分とする様々な物質の混合物で、生成機構により発生源から大気中に排出された時に既に粒子となっている「一次粒子」と、排出された時は気体であったのが、大気中で化学反応を起こして粒子化する「二次生成粒子」に分類されます。なお、PM2.5の一次粒子と二次生成粒子の排出源は多岐にわたり、生成機構も未解明なところが多いですが、移流による影響も大きいと言われています。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 環境対策課 環境保全係
小牧市役所 本庁舎2階
電話番号:0568-76-1136 ファクス番号:0568-72-2340
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページのトップへ戻る


表示 PC スマートフォン

Copyright (C)Komaki City All rights reserved.