現在位置 : ホーム市民の方へ安全・安心交通安全 › 小牧市の交通安全対策について


ここから本文です。

小牧市の交通安全対策について

ID番号 K1908 更新日 平成29年4月18日

一瞬にして尊い命を奪い、平和な暮らしを破壊する交通事故をなくすことは、私たち小牧市民の切実な願いです。しかしながら、交通ルールの違反やマナーの低下などを原因とする悲惨な交通事故は後を絶ちません。また、事故被害者に占める高齢者の割合が増加傾向にあるなど、依然として厳しい状況が続いております。

そこで、小牧市として人命尊重の理想のもとに、市民一人ひとりが、他人を思いやる意識を持ち、特に高齢者や子どもに対する思いやり運転の励行と運転者の交通マナーの向上に努め、安全で快適な交通社会の実現と交通事故による犠牲者のなお一層の減少を目指すための施策を行ってまいります。

交通安全教室・交通安全キャンペーンなどの実施

交通安全教室

小牧市生涯学習のまちづくり出前講座をとおして、講話や映像視聴、体験などによる出前講座「楽しい交通安全教室」を実施しています。
※受講者のみなさんには、日常生活でお使いいただけるよう反射材などを配布しています。

 【内容】交通事故事例の紹介、交通事故にあわないために気をつけること、反射材着用の効果について、自転車の安全運転について…など

 【講師】市民安全課職員、小牧警察署員など

地域3あい事業、老人クラブ、子ども会などの団体でお申し込みできますので、生涯学習課または市民安全課へお気軽にお問い合わせください。

交通安全教室(1)

交通安全教室(2)

交通安全キャンペーン、イベント

全国交通安全運動・交通安全県民運動の期間中などに街頭キャンペーンを実施し、交差点や駅、店舗前など人が多く集まる場所で「子どもと高齢者を交通事故から守ろう」「飲酒運転根絶」「反射材の着用・ライトの早め点灯」など、様々な内容の啓発を行っています。

 各キャンペーンは小牧警察署と共同実施しており、市民のみなさんとも協力して行うほか、愛知県のキャンペーンに共同参加するなど、様々な形でPRをしています。

また、小牧警察署などが主催する交通安全関連のイベントにも参加・協力し、多くの方の交通安全意識が高まるように取り組んでいます。

交通安全キャンペーン

「110番の日」キャンペーン

全国交通安全運動・交通安全県民運動について

小牧市では、愛知県交通安全推進協議会主唱の交通安全県民運動実施要綱に従って、年間4回(春、夏、秋、年末)の全国交通安全運動・交通安全県民運動を展開し、交通事故ゼロを目指しています。

運動においては、市と小牧警察署が中心となり、街頭交通監視をはじめ、交通安全教育の推進、飲酒運転の根絶、高齢者・歩行者・自転車の交通事故防止、全ての座席でのシートベルト及びチャイルドシート着用の推進、広報車によるPR活動などを行っています。

交通事故をなくすために、市民のみなさんのご理解とご協力をお願いします。

平成29年 全国交通安全運動・交通安全県民運動

【春の全国交通安全運動】

平成29年4月6日(木)から4月15日(土)までの10日間
 《県内一斉交通大監視 4月10日(月) 朝》

【夏の交通安全県民運動】

平成29年7月11日(火)から7月20日(木)までの10日間
 《県内一斉交通大監視 7月14日(金) 朝》

【秋の全国交通安全運動】

平成29年9月21日(木)から9月30日(土)までの10日間
 《県内一斉交通大監視 9月25日(月) 夕方》

【年末の交通安全県民運動】

平成29年12月1日(金)から12月10日(日)までの10日間
 《県内一斉交通大監視 12月5日(火) 夕方》

小牧市交通委員について

小牧市内の各区に一人ずつ、小牧市交通委員が委嘱されています。小牧市交通委員のみなさんには、交通事故死ゼロの日(毎月、10日・20日・30日)の街頭監視活動や、年間4回の交通安全県民運動街頭キャンペーンへの参加をお願いしています。また、各区の交通リーダーとして交通安全の普及や啓発を行っています。

平成29年中の小牧市内の交通事故死者数について

平成29年中の交通事故死者数は2件2名です。

平成29年中の死亡事故の概要

  • 平成29年2月22日午後8時12分頃、 下末1571番地先の道路上(県道高蔵寺小牧線)で、いずれかの方向から横断してきた歩行者が、東進中の普通乗用車にはねられ、歩行者の60代男性が亡くなられました。
  • 平成29年4月16日午前11時50分頃、新町一丁目460番地先の新町一丁目西交差点(国道155号線)で、横断歩道を北に横断中の自転車と西進中の大型貨物車が衝突し、自転車の40代男性が亡くなられました。

平成28年中の小牧市内の交通事故死者数について

平成28年中の交通事故死者数は6件6名です。

平成28年中の死亡事故の概要

  • 平成28年1月11日午前11時5分頃、高根三丁目229番地先の信号のない交差点で、西進中の自転車と南進左折した普通乗用車が衝突し、自転車の80代女性が亡くなられました。
  • 平成28年1月24日午前3時頃、小木東一丁目149番地先の道路上(国道41号線)で、北進中の普通乗用車と道路上の歩行者が衝突し、歩行者の60代男性が亡くなられました。
  • 平成28年3月3日午後3時40分頃、桃ヶ丘三丁目29番地先の道路上(国道155号線バイパス)で、西進中の原動機付自転車が停車中の大型貨物自動車に追突し、原動機付自転車の30代女性が亡くなられました。
  • 平成28年5月12日午後0時頃、元町一丁目121番地先の元町一丁目交差点(国道41号線)で、横断歩道を西に横断中の歩行者が西進左折する普通貨物自動車にはねられ、歩行者の70代女性が亡くなられました。
  • 平成28年7月30日午前2時10分頃、北外山1763番地先の池田中央橋西交差点(主要地方道春日井一宮線)で、東進で直進してきた普通自動二輪車と西進右折の軽乗用車が衝突し、普通自動二輪車の10代男性が亡くなられました。
  • 平成28年12月5日午後1時20分頃、山北町99番地先の信号のない交差点で、西進中の軽四貨物自動車と南進中の自転車が出会い頭に衝突し、自転車の80代男性が亡くなられました。

小牧警察署管内の交通事故発生状況

事故防止のポイントとして

運転者の方は

  • 高齢者の方を見かけたらスピードを落とし思いやり運転の励行をお願いします。
  • 薄暗くなる前に、早めにライトを点灯し、歩行者や自転車の動きに注意して運転しましょう。
  • 交差点を通過する際は、周辺の状況をよく確認し、安全運転に努めましょう!

高齢者の方は

  • ドライバーから目に付きやすい、明るい服装と反射材等を身に付けましょう。
  • 通い慣れた道路でも油断はしないこと。事故は、自宅近辺で発生しています。
  • 道路を横断するときは、左右をよく確認して車が通り過ぎてから渡りましょう。「まだ、行ける」等の過信は、事故の原因です!

関連リンク

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 市民安全課 交通防犯係
小牧市役所 本庁舎2階
電話番号:0568-76-1137 ファクス番号:0568-72-2340
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページのトップへ戻る


表示 PC スマートフォン

Copyright (C)Komaki City All rights reserved.