金融機関との協定について

更新日:2021年04月01日

協定の内容

平成30年9月21日に東春信用金庫及び独立行政法人住宅金融支援機構東海支店と子育て支援施策の推進に向けた経済的支援に係る連携協定を締結しました。

このことにより、小牧市の補助事業である小牧市三世代同居住宅支援補助金交付と併せて、住宅金融支援機構が提供する全期間固定金利型住宅ローン【フラット35】の金利を引き下げ(当初5年間 年0.25%引下げ)、さらに東春信用金庫で【フラット35】を申込みした場合、融資手数料0.2%割り引きする取組みを実施しています。

協定の目的

子育てや介護を家族同士で支え合うことで子育て等にかかる負担を軽減することを目的としています。協定を締結することにより、市と住宅金融支援機構と連携した取組みで、子育て世帯の定住支援を図ります。

申請の流れ

1、事前相談

補助の見込みがあるか、住宅購入や工事の契約前に相談してください。

2、制度利用申請

必要書類を添えて、小牧市にフラット35地域連携型に係る申請書を提出してください。

3、利用対象証明

要件適合の場合は小牧市から利用者へ利用対象証明書を交付します。

4、融資申込み

利用者は融資申込み時に利用対象証明書を伏せて金融機関に提出して下さい。

5、補助金申請

三世代同居開始後、利用者から小牧市に補助金の申請を行ってください。

6、補助金交付

書類審査後、不備がなければ利用者に補助金交付を行います。

【フラット35】について

制度の概要については住宅金融支援機構ホームページ(外部ページリンク)をご参照ください。

この記事に関するお問い合わせ先

都市政策部 都市計画課 居住推進係
小牧市役所 東庁舎2階
電話番号:0568-39-6534 ファクス番号:0568-71-1481

お問い合わせはこちらから