個人情報保護制度

更新日:2017年08月31日

小牧市の個人情報保護制度

「小牧市個人情報保護条例」において、市が保有する個人情報の本人への開示や訂正などの権利を明示し、その手続きを定めています。
また、市が保有する個人情報について、制限事項や適正に管理することを定めています。

個人情報とは

「小牧市個人情報保護条例」においては、生存する個人に関する氏名や生年月日など特定の個人を識別できる情報をいい、他の情報と照合することで特定の個人を識別できるものを含みます。

自分の個人情報の開示を請求できる人

市が保有する自分の個人情報(自己情報)については、本人ならどなたでも開示を請求することができます。また、未成年者又は成年被後見人の法定代理人も本人に代わって開示を請求することができます。

特定個人情報(個人番号をその内容に含む個人情報をいいます。)の自己情報の開示請求に限って、本人の委任による代理人も本人に代わって開示を請求することができます。

開示を請求できる行政文書

職員が職務上作成し、又は取得した文書、図画等で、組織的に用いるものとして保有している個人情報が対象です。

開示の請求先(実施機関)

開示の請求先は、市長、議会、教育委員会、選挙管理委員会、公平委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会、病院事業管理者及び消防長です。実際に請求をするときは、請求対象の行政文書の担当課に請求をしてください。

開示請求の方法と決定の通知

  1. 「個人情報開示請求書」を提出していただきます。
    (1) 請求する自分の個人情報が記録されている行政文書の内容その他の開示請求にかかる自己情報が特定できる事項、住所、氏名などを記入いただき、請求対象の行政文書の担当課あてに持参してください(郵送、メールなどは不可)。
    (2) 請求に当たっては、運転免許証、旅券その他これらに類するものを提示いただき、本人確認をさせていただきます。
    (3) 法定代理人の場合は、戸籍謄本(請求をする日前30日以内に発行されたものに限ります。)などの当該法定代理人の権限を証するものと当該法定代理人の本人確認書類を提示していただきます。
    (4) 本人の委任による代理人の場合(特定個人情報を含む自己情報の開示請求に限ります。)は、委任状(開示請求をする日前30日以内に作成されたものに限ります。)及び当該代理人の本人確認書類を提示していただきます。
  2. 請求を受けると実施機関は15日以内に、全部を開示・一部を開示・開示しない(「開示しない」には該当する文書が存在しない場合を含みます。)という決定をして書面で通知します。
    やむを得ない理由で決定できない場合は、さらに、30日を限度として延長する場合があり、その場合はその旨を書面により通知します。
  3. 開示請求をした法定代理人又は任意代理人が、上記2の全部を開示・一部を開示・開示しない決定を受ける前にその資格を喪失したときは、遅滞なく開示請求をした実施機関に届出をしてください。この届出を実施機関において受理した際は、開示請求は取り下げられたものとみなします。

開示できない情報

  1. 法令等により開示することができないとされている情報
  2. 開示請求者の生命、財産などを害するおそれがある情報
  3. 開示請求者以外の個人を識別できる情報
  4. 法人などの情報で当該法人などの正当な利益を害すると認められるもの
  5. 開示請求者以外の個人や法人などから開示しないことを条件に任意で提供されたもの
  6. 開示することにより、人の生命や財産、公共の安全などに支障を生じるおそれがある情報
  7. 市や国などの審議に関する情報で、開示することにより、率直な意見交換などが損なわれたり不当に市民を混乱させたりするなどのおそれがあるもの
  8. 市や国などが行う事業に関する情報で、開示することにより、監査、取締り、契約、交渉、調査研究、人事管理などに影響を与えるおそれがあるもの
  9. 個人の評価や診断などに関する情報で、事務事業の適切な遂行に支障を生じるおそれがあるもの

費用

閲覧の場合は費用はかかりません。

写しの交付を希望される場合は、A4サイズ及びA3サイズの片面1枚10円(カラーの場合は20円)の実費負担をお願いします。

郵送を希望される場合は郵送料についても実費負担をお願いします。

決定に不服がある場合

開示請求に対する実施機関の決定に不服がある場合は、行政不服審査法に基づく審査請求をすることができます。

審査請求を受けた実施機関は、学識経験者5名で組織する「小牧市情報公開・個人情報保護審査会」に諮問します。同審査会は、内容を慎重に審査した上で、実施機関に答申をします。実施機関は、その答申を尊重して、審査請求の内容に対する最終的な決定をします。

個人情報の保有・取得についての制限

実施機関は、法令などに定める目的の範囲内で個人情報を保有します。適法かつ適正な方法で、原則として本人から取得します。

思想、信条、信教に関する個人情報は法令などに基づく場合を除き、取得しません。本人から直接、書面にて取得する場合は、その利用目的を明示します。適切な管理に努め、保有する必要がなくなったときは速やかに消去します。

訂正請求、利用停止請求

自己情報が、事実と異なる場合は訂正請求を、不適法に取得・保有などがされている場合は利用停止請求をすることができます。訂正請求及び利用停止請求は、自己情報の開示決定を受けた日から90日以内に行うことができます。

添付ファイル

個人情報訂正請求書

個人情報利用停止請求書

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 総務課 文書法規係
小牧市役所 本庁舎4階
電話番号:0568-76-1180 ファクス番号:0568-75-5714

お問い合わせはこちらから