資産税課への各種届出・手続き

更新日:2017年08月31日

土地や家屋の評価証明がほしいとき

固定資産に関する各種証明

  • 固定資産評価証明書(評価額の証明)
  • 固定資産公課証明書(税額の証明)
  • 固定資産評価額通知書(法務局の登記に使用する評価額通知)
  • 物件証明書(評価額等金額の記載がない物件のみの証明)

手数料は1枚200円です。

評価額通知書のみ手数料は無料です。

評価額 ・税額につきましては、電話などでおたずねを受けてもお答えすることができませんので、直接窓口までお越しください。

必要なもの

窓口にこられた方の本人確認書類(運転免許証・身分証明書等)

納税義務者本人と同居の親族・相続人以外の方が証明を申請する場合には、委任状が必要になります。

同居でない相続人が申請する場合は、戸籍謄本等で相続人とわかる書類が必要になります。

地籍図がほしい、土地・家屋の所有者を調べたい

地籍図の交付・台帳の閲覧

地籍図の写しは、1枚200円です。

土地台帳、家屋台帳の閲覧も可能で、手数料は1冊200円です。

地番参考図の交付

地番参考図とは、地籍図(公図)及び航空写真を参考にして作成した図面で、全体位置を補足することができます。

地番参考図の交付は、1枚につき200円です。

ただし、地番参考図は土地の形状や境界、権利の確認には使用できません。また、使用に際しては、いかなる場合においても市は責任を負いません。

なお、これに伴い、地番参考図(図書)の貸し出しは平成25年3月29日で終了しました。

建物を取りこわしたとき

家屋取りこわし届

取りこわされた家屋については課税台帳から削除し、翌年度から課税しません。

このため、家屋を取りこわしたときは、床面積の大小に関わらず、資産税課に届出をお願いします。

未登記の建物の名義を変更したいとき

未登記家屋等名義人変更申請書

法務局に登記されていない建物を、未登記家屋と呼びます。

この未登記家屋の納税義務者を変更する時には、「未登記家屋等名義人変更申請書」を提出してください。 記入していただく箇所は、

  1. 「建物の表示」欄(面積や構造がわからない場合は、所在地のみでもかまいません。)
  2. 「変更の理由」欄
  3. 「添付書類」欄 (注釈)
  4. 「新名義人」欄(実印)
  5. 「旧名義人」欄(実印) ただし相続の場合は、押印は不要です。

の5箇所です。 固定資産税の賦課期日は毎年1月1日ですので、年内に申請書が提出された場合は、納税義務者が変更されるのは翌年度からとなります。また、登記してある建物の名義を変更するには、法務局で所有権移転登記をしてください。

(注釈)の「添付書類」とは、

相続の場合(1または2のいずれか)

  1. 遺産分割協議書の写し、又は権利者以外の法定相続人全員の権利放棄書の写し
  2. 上記写しがない場合、相続人がわかる書類(下記3点全て)
  • 被相続人(亡くなられた方)の除籍謄本
  • 相続人(新所有者)の戸籍謄本など
  • 相続人(新所有者)の印鑑登録証明書

売買の場合

  1. 売買契約の成立を証する書面の写しなど
  2. 譲渡人及び譲受人の印鑑登録証明書

贈与の場合

  1. 贈与契約の成立を証する書面の写しなど
  2. 贈与者及び受贈者の印鑑登録証明書

納税通知書の送り先を変更したいとき

発送先選定申請書

単身赴任等により郵便物の受取人に家族等を指定するなど、 納税通知書の送り先を変更・指定する場合は、「発送先選定申請書」を提出してください。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 資産税課 償却資産係
小牧市役所 本庁舎2階
電話番号:0568-76-1115 ファクス番号:0568-75-5714

お問い合わせはこちらから