資源の持ち去り禁止について

更新日:2017年09月01日

市内のごみ集積場で資源(古紙類、空き缶、金属類等)の持ち去りが発生しています。

小牧市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理に関する条例により、市が指定する者以外が、ごみ集積場から資源を持ち去ることは禁止されています。

市民の方へお願い

資源物の持ち去り行為を発見したときは、

危険ですので行為者へ声をかけることはせず、ごみ政策課まで情報提供をお願いします。

・声をかけると、行為者の中には逆上する者もおり、大変危険な場合も想定されますので十分注意してください。

・情報提供については、

  1. 日時・場所(持ち去りの時間、集積場の場所)
  2. 持ち去られた資源の種類
  3. 車両の情報(車種、車体の色、ナンバー)
  4. 行為者の風貌(性別、年齢、背格好) などの情報提供をお願いします。

条例

小牧市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理に関する条例第25条を根拠に持ち去りを禁止しています。

(資源の所有権等)
第25条 ごみ集積場に排出された資源の所有権は、市に帰属するものとする。
2 市及び市から収集運搬の委託を受けた事業者以外のものは、前項の資源を収集し、又は運搬してはならない。ただし、市長が特に認める場合は、この限りでない。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 ごみ政策課 ごみ減量推進係
小牧市役所 本庁舎2階
電話番号:0568-76-1187 ファクス番号:0568-72-2340

お問い合わせはこちらから