小牧市悪質電話被害防止対策事業モニター

更新日:2017年08月31日

振り込め詐欺や悪質商法などの被害を防ぐことを目的として、年々手口が巧妙化し、被害が多発している迷惑電話の被害未然防止に効果的とされている「迷惑電話防止装置」を利用していただけるモニターを募集しています。(平成29年6月5日(月曜日)から12月28日(木曜日)まで)

「迷惑電話防止装置」とは

迷惑電話防止装置とは、家庭の電話に着信があった時に、その番号が、「許可(安心して通話できる)」「注意(迷惑電話として登録はされていないが注意が必要)」「迷惑危険(迷惑電話または表示圏外番号)」の3種類で表示する装置です。

(注意)この装置を設置することにより、すべての悪質な電話を防げるわけではありません。知らない番号からの着信には、常に慎重に対応しましょう。

モニター期間

利用開始日から平成30年3月31日(土曜日)まで

定員

90世帯(申込先着順)

(注意)モニターとして貸出しできる装置は、1世帯につき1台です。同一世帯で複数台の電話機を使用していても1台のみの貸出しとなります。昨年度モニターに応募した方は、今年度応募することはできません。

料金

無料

(注意)モニター期間中は、「迷惑電話防止装置」を無料で利用していただけます。

(注意)電気代の負担が必要です。

(注意)モニター期間終了後、継続して利用されたい方は、別途業者と契約して有料で「迷惑電話防止装置」を利用することができます。

対象となる方

  1. 市内に住民登録がある方
  2. ナンバーディスプレイ機能のある電話機を利用中または「迷惑電話防止装置」を設置するまでに利用できる方
  3. モニター期間中にアンケートへの協力ができる方
  4. 平成28年度モニターに応募されていない方

(注意)家族の方などによる代理申請もできます。

(注意)アンケート実施時期は平成30年1月頃(郵送)を予定しています。

注意

以下の電話機、電話サービスをご利用の場合は機器の使用ができません。

  1. 内線電話と主装置から構成される電話機(ビジネスフォン、ホームテレホンなど)
  2. ホームプラス電話、0120から始まるフリーダイヤルへの発信ができない電話サービス(一部の050IP電話等)

 また、ドアホン、ホームセキュリティシステム、緊急通報システムなどが電話回線に接続されている場合など、上記以外でも利用できない場合があります。

申請方法

6月5日(月曜日)から12月28日(木曜日)まで(注意:定員に達し次第終了)に所定の用紙(下記に掲載また東部・味岡・北里の各市民センターや市役所など公共施設にて配布しています)に必要事項を記入し、郵送または直接市民安全課にお持ちください。(注意)ファクス、メールでの応募は受付できません。

受付窓口

小牧市役所 市民安全課

平日(市役所開庁日)

午前8時30分から午後5時15分

申請方法

郵送または直接市役所市民安全課へ持参

郵送の場合

〒485-8650(住所不要)小牧市役所市民安全課あて

申請書様式のダウンロード

注意事項など

  • 申請いただいた後、事前にモニターの決定通知はお送りいたしません。「迷惑電話防止装置」の発送をもってかえさせていただきます。(モニターとなった旨の手紙を同封いたします)
  • モニター期間中、または期間終了後、「迷惑電話防止装置」を第三者に譲渡することを禁止します。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 市民安全課 相談係
小牧市役所 本庁舎2階
電話番号:0568-76-1120 ファクス番号:0568-72-2340

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。