小牧市高齢者後付け急発進等抑制装置設置費補助金

更新日:2021年03月23日

~自身が運転する車両に後付けで急発進等抑制装置を設置しようとする方に、その費用の一部を補助することによって、高齢者の安全運転に役立てようとするものです。~

国のサポカー補助金の終了予定について

国が実施しているサポカー補助金の内、後付けのものは令和3年9月30日(木曜日)で申請受理を終了する予定と発表されました。詳しくは、次の一般社団法人次世代自動車振興センターのWebページをご確認ください。

※国のサポカー補助金の申請受付が終了することに伴い、後付けで急発進等抑制装置を設置する際の自己負担の金額は増えますが、小牧市の補助金は当初の予定通り、令和4年2月18日まで受付けます。

申請受付期間

令和3年4月1日から令和4年2月18日

※令和4年2月28日までに実績報告書を提出する必要があります

※(令和2年度に申請した方は申請できません。)1人1回限り、予算の範囲内で実施します

対象者

・市内に住所を有し、住民基本台帳法により記録されている方

・令和4年3月31日現在で、65歳以上となる方

・有効な運転免許証を保有する方

・自動車検査証上の「使用者の氏名又は名称」に記載されている氏名と、運転免許証に記載されている氏名が同一である方(身体障がい者等に対する自動車税等の減免適用のあ る方はご相談下さい)

・自動車税、軽自動車税及び市税の滞納がない方

・急発進等抑制装置設置後に発生した事故や車両の故障等について、県及び市が責任を負わないことについて同意する方

・装置設置後1年以上その装置を使用する方

対象となる自動車

・急発進等抑制装置を設置することが可能であること

・自動車検査証の「自家用・事業用の別」欄に「自家用」と記載されたものであること

対象となる急発進等抑制装置

国土交通省の性能認定を受けた後付けのペダル踏み間違い急発進等抑制装置

※一般社団法人次世代自動車振興センターが認定し、かつ愛知県内に店舗等を有する事業者で設置すること。

http://www.cev-pc.or.jp/support-car/atoduke-souchi.html#no01

(一般社団法人次世代自動車振興センターHP)

補助金額

・急発進等抑制装置の購入及び設置にかかる費用の5分の4の額(1,000円未満切捨て)

・上限 障害物検知機能付 32,000円

  障害物検知機能なし 16,000円

装置一覧・Q&A

補助金の申請から交付までの流れ【事前の申請が必要です】

1お店で相談(販売店などで後付けの急発進等抑制装置の設置相談)

〇装置を設置することが可能な自動車か確認

〇設置作業予定日の確認

一般社団法人次世代自動車振興センターが認定した県内の事業者に確認してください。(http://www.cev-pc.or.jp/support-car/atoduke-souchi.html#no01

 

2補助金の申請(取り付ける前に市役所に申請します)

〇交付申請書(様式第1)に次の書類を添えて、市民安全課交通防犯係に提出

    □自動車検査証の写し(車検期限が有効なもの)

    □運転免許証の写し(有効期間内のもの)

□急発進等抑制装置の購入及び設置に要する費用の見積書の写し(施工業者の発行したものに限る。)

3審査及び交付決定(交付決定通知を受け取った後、取り付けることができます。)

〇市が審査後、補助金を交付できる場合、交付決定の通知

(約1か月かかります。交付決定前に装置を設置しないでください。)

〇通知後、装置を設置してください。

〇設置後30日以内に、「実績報告書」、「急発進等養成装置販売・設置証明書」、「補助事業に係る領収書の写し」を提出

4補助金の交付

〇実績報告書の提出を受けて、審査し、補助金の額を確定します。

〇補助金の額の確定後、補助金を支払います。

(実績報告後、約1か月程度かかります。)

 

※注意事項

装置にはそれぞれ作動限界があり、また、不要な作動をする場合があります。使用を開始する前に、不要作動への対処方法等も含め取扱説明書等により必ず確認するとともに、疑問がある場合は製造者等や販売・取付けを行う事業者へお問い合わせください。

添付ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 市民安全課 交通防犯係
小牧市役所 本庁舎2階
電話番号:0568-76-1137 ファクス番号:0568-72-2340

お問い合わせはこちらから