平成30年度こまき地域づくりフォーラム~地域の特色ある取組み発表会~

更新日:2019年01月31日

市内で行われている支え合い・助け合いの地域づくりの取組みを学びませんか?

こまき地域づくりフォーラムは、これからの小牧の地域づくりについて考えていただく機会として開催しているもので、今年度で7回目を迎えます。

今回は、『地域の特色ある取組み発表会』として、市内で地域活動をされている様々な団体の方から、活動内容や創意工夫点などを発表していただきます。

「自分にもできるかも!」「やってみよう!」「自分たちの活動の参考にしてみよう!」といった気づきや発見につなげてみませんか??

※入場無料・申込不要

※手話通訳あり

開催日

平成31年2月17日(日曜日)

時間

午後1時30分から午後4時まで(午後1時開場)

場所

小牧勤労センター多目的ホール(小牧市上末2233-2)

内容

・活動事例発表(市内の6つの地域活動団体による発表)
・質疑応答
・コーディネーターによる講評及び総括

コーディネーター

IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者 川北秀人氏

1964年大阪生まれ。87年に株式会社リクルートに入社し、広報や国際採用などを担当して91年退社。その後、国際青年交流NGOの日本代表や国会議員の政策担当秘書などを務め、94年にIIHOE設立。

市民団体のマネジメントや、企業の社会責任(CSR)への取組みを支援するとともに、NPO・市民団体と行政との協働の基盤づくりを進め、毎年約60の自治体で、職員や市民との合同研修を担当。地域自治組織の先進地・島根県雲南市の地域自主組織制度を立ち上げ当初から支援し、雲南市から地域自治組織を学ぶ「雲南ゼミ」設立を呼びかけ、全国の自治体が住民自治のあり方を学んでいる。

発表団体紹介

自治会での活動…お互いの顔が見える範囲での取組みが有効的な活動

藤栄災害ネットワーク(梵天藤栄区)

各区に配布される災害時避難行動要支援者台帳を活用して、ひとり暮らし高齢者や介護者等の災害時における避難を支援する体制を構築している。
平成29年に発足し、現在約40名の安否確認員がいる。要支援者の担当の割り振りや安否確認訓練等を実施。

桃1思いやり自動車(桃ヶ丘第1区)

思いやり自動車は、市民活動団体「桃花台を考える会」の活動の一つとして、桃ヶ丘第1区の住民を対象に、平成29年6月から実施。地元のボランティアメンバーが自家用車で送迎。現在18名で活動。
地域の高齢化が進むなかで、運転ができなくなった高齢者が、病院や買い物等に行く際の送迎をお手伝いしている。

堀の内こまき山体操の会(堀の内区)

「こまき山体操」は誰もがどこでも気軽に出来る、小牧市版の介護予防体操。小牧市リハビリテーション連絡会が考え、介護予防リーダーの研修修了者が多くいる堀の内区で、区民と数ヶ月効果を検証し、今年度完成。
その後、区民の希望もあり、月3回、堀の内会館にて、堀の内区在住の介護予防リーダーが中心となって、体操を実施。住民が主体的に介護予防の取組みを推進している。

防犯パトロール隊(春日寺区)

月2回欠かさず、区内で夜間の防犯パトロールを実施。現在の隊員は、大人31名、中学生17名。
平成16年に結成し、中学生と共に15年間継続して活動。防犯パトロールを通じて、防犯意識の向上、地域住民と中学生の交流、中学生は学年を超えた交流が出来ている。

小学校区での活動…小学校区など、広い範囲での取組みが有効的な活動

ほっと・すぽっとへの出展(本庄小学校区地域協議会 交流部会・防災部会)

PTA主催の行事である「ほっと・すぽっと」は、PTAと地域住民が子ども達とふれあい、ほっとする場をつくることを目的にしている。
スポーツ振興会、生涯学習振興会、おやじの会等の各団体が協力しており、今年度は、平成30年2月に発足した地域協議会もブースを出展した。地域の繋がりを更に深める新たな取組みとして、盛り上げていく。

しのおか おたすけ隊(篠岡小学校区地域協議会 福祉部会)

平成27年4月に地域協議会が発足し、平成30年6月からおたすけ隊の活動を開始。
主に高齢者の日常生活における、ちょっとしたお困り事(庭の草取りやゴミ出し、電球交換など)を同じ篠岡小学校区内に住む、おたすけ隊員がお手伝い。現在隊員18名で活動。

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 協働推進課 市民協働係
小牧市役所 本庁舎4階
電話番号:0568-76-1629 ファクス番号:0568-75-5714

お問い合わせはこちらから