防災士資格取得助成について

更新日:2017年08月31日

ご意見・ご提案

 「防災士」の資格について、自治体がその取得を助成するケースが増えていると聞きます。

 最新の報告では、近い将来起こりうる南海トラフ地震で32万人の死者が出ると言われています。甚大な被害が出ることは小牧市も例外ではないと思います。行政に頼り切らず、市民一人一人が地域の防災力を向上させていくことが必要です。

 小牧市も近隣自治体に先駆けて、防災士資格取得を奨励して頂きたいと考えます。

回答

 地震などの大規模な災害が発生した場合には、自分の身は自分で守る「自助」や地域の住民がともに助け合う「共助」が重要であることは、阪神・淡路大震災や東日本大震災の教訓として広く知られていることであり、市でも地域において、自主防災会など住民相互に協力し合う機能を高めていく必要があり、自主防災意識の普及が重要であると考えております。

 そのため、市では地域の防災意識普及のため地域防災活動のリーダーを養成する目的で、「5市町合同防災カレッジ」や「こまきみらい塾生を対象に災害に備える学習コース」を、また愛知県では「防災・減災カレッジ」や「あいち防災リーダー養成塾」を開催しております。

 そして、これらを受講された方々が「小牧防災リーダー会」や「こまき災害ボランティアネットの会」として、地域の中で防災意識の普及啓発活動をされております。これらの活動は、地域の防災意識を高め普及していくため、個人の持つ防災知識や技術を生かしていただいているものでありますが、特に防災士等の資格が不可欠なものとは考えておりません。

 今後も防災士と同様に地域防災のリーダーとして必要な技術や知識が取得でき、費用面でも安価な「5市町合同防災カレッジ」や「あいち防災リーダー養成塾」の受講をPRし、地域防災を担う人づくりをしていきたいと考えておりますので、ご理解いただきますようお願いします。

(平成25年12月 回答)

ご意見についての担当窓口

危機管理課 電話番号 0568-76-1171

(注意)上記内容はすべて回答時点のものであり、現在とは異なる場合があります。

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 広報広聴課 広聴係
小牧市役所 本庁舎4階
電話番号:0568-76-1107 ファクス番号:0568-75-5714

お問い合わせはこちらから