切支丹灯籠

更新日:2017年08月31日

市指定有形文化財(昭和45年3月26日指定)
所在地:小牧市大字岩崎1335

切支丹灯籠の写真

岩崎山南麓の故栗木栄三氏宅の庭の一角にあった織部型石灯籠で、火袋を支える石柱の中央部にふくらみがあり、十字の形を連想できる。

地元に伝わる古記録(岩崎村鏡)によると、寛文3年(1663)から5年間にわたるキリシタン弾圧で、岩崎村の善右衛門ら17人の隠れキリシタンが捕らわれ、処刑されたという。

平成2年、栗木氏のご厚意により、市へ寄贈され、すぐ北の観音堂境内へ移設された。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財課 文化財係
小牧市役所 本庁舎3階
電話番号:0568-76-1189 ファクス番号:0568-75-8283

お問い合わせはこちらから