小木出土の内行花文鏡(小牧市歴史館に展示中)

更新日:2018年07月31日

小牧市指定有形文化財(昭和53年3月25日指定)

小木出土の内行花文鏡の写真

地震の後、裏の薮がくずれ、発見されたといわれます。
滅失した甲屋敷第2号古墳からの出土と推定されます。
内行花文鏡は、本来は中国の後漢時代の鏡で、弥生時代の墓や前期古墳から多数発見されています。
この鏡は直径8.3センチメートルの「小型彷製内行花文鏡」と呼ばれる古墳時代に我が国で製作された鏡です。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財課 文化財係
小牧市役所 本庁舎3階
電話番号:0568-76-1189 ファクス番号:0568-75-8283

お問い合わせはこちらから