算額

更新日:2017年08月31日

小牧市指定有形民俗文化財(平成3年3月30日指定)
所在地:小牧市大字久保一色2823 庚申寺

算額の写真

算額は、和算の問題を絵馬として神社や寺院に奉納したもので、江戸時代中期から盛んになった。
庚申寺の算額は、市内に現存する唯一のもので、縦35センチメートル、横121センチメートルを計り、明治9年に江崎常吉と牧野鉄次郎が和算の幾何図形問題二題とその解き方を墨で記して、庚申寺に奉納したものである。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財課 文化財係
小牧市役所 本庁舎3階
電話番号:0568-76-1189 ファクス番号:0568-75-8283

お問い合わせはこちらから