甲屋敷古墳

更新日:2018年07月31日

小牧市指定史跡(平成4年8月15日指定)
所在地:小牧市小木二丁目474番1 

甲屋敷古墳

甲屋敷古墳

甲屋敷古墳は、昭和の初めごろ、土取り作業が行われ、中に多量の朱(赤の顔料)といっしょに三角縁神獣鏡(市指定有形文化財)が出土しました。
古墳(高さ5メートル・直径30メートル)は、3分の2がすでになくなっていますが、昭和50年頃の市史編さんの調査で、残りの部分から埋葬主体の一部が残存しているのが発見され、鏡はこの中に納められていたと推定されます。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財課 文化財係
小牧市役所 本庁舎3階
電話番号:0568-76-1189 ファクス番号:0568-75-8283

お問い合わせはこちらから