小牧市立図書館建物一体型煙突におけるアスベスト含有断熱材の除去工事について

更新日:2017年08月31日

 小牧市立図書館では、空調機に連結している建物一体型煙突にアスベスト含有断熱材の使用が確認されたため、アスベスト飛散調査を実施しました。その結果、出口付近でアスベストの一種であるアモサイトが検出され、その濃度は8本/Lでしたが、「WHO環境保健クライテリア(基準)」の基準内であり、また建屋内及び屋外においては、煙突から飛散したアスベストの影響は確認できませんでした。

 この結果から、健康に影響する飛散状況ではないと判断しておりますが、市民の安全・安心を確保するため、空調を停止するとともに、代替仮設空調(冷房)設備の設置及び煙突のアスベスト含有断熱材除去工事を次の予定で実施します。

  • 平成29年5月:仮設空調(冷房)設備設置工事
  • 平成29年7月~9月:アスベスト含有断熱材除去工事

 工事中も、代替仮設空調(冷房)による対応により、通常通り開館を予定しています。 しばらくの間、市民の皆様にはご不便、ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

この記事に関するお問い合わせ先

図書館
〒485-0041小牧市小牧五丁目89番地
電話番号:0568-73-9951 ファクス番号:0568-73-7772

お問い合わせはこちらから