市制60周年記念 「親と子のひとこと対話」

更新日:2017年08月31日

市制60周年記念「親と子のひとこと対話」を募集しました

小学校高学年から中学生のころは、精神的自立が急激に進み、中学生のころにピークを迎えます。
自分の心にバリケードを張り自立に向けての成長を始めます。大人の言動や行動に敏感に反応するのも特徴で、親子の間も例外ではありません。
いつの間にか親子の会話が連絡・確認で終わってしまってはいませんか。
いちばん身近にいて、いちばんお互いのことを大切に思っているのは親と子です。

市内の小学校5・6年生、中学生の親子を対象に市制60周年の記念として、「親と子のひとこと対話」を募集し、「親から子へ 子から親へ」、今の気持ちを互いに言葉に表してもらいました。
入選者は、11月8日(日曜日)に行われる小牧市青少年健全育成市民大会にて表彰されます。
入選作品は、以下のとおりです。

中学校 入選作品
親から子へ 子から親へ
あのさ、愛しているよ。 言うと思った。
知っていても、「知らん、わからん」という我が子。母は、もっと話をしたい。 忙しいので、時と場合を考えて話をしてくれればお答えします。
いつまでも、家族の会話、絶やさずに。 大丈夫、私がいつでもしゃべるから。
このお洋服 貸してほしいなー えー 伸びるからヤダー
励め! 励む!
小学校 入選作品
親から子へ 子から親へ
あまり、無理しないでいいからね。 分かってるって~!!
こい!!反抗期!!! いくぞ!反抗期!!
学校では、みんなで楽しくすごしてね。 お父さん会社がんばってね。
バスケ、上手になったね。 そうだよ、パパの子だもん。
あなたの話を聞くのが、とっても楽しいよ!
これからも、もっと、もっと聞かせてね!
うん!これからもいっぱい聞いてね。

「親と子のひとこと対話」応募作品

この記事に関するお問い合わせ先
こども未来部 こども政策課 青少年育成係
小牧市役所 本庁舎1階
電話番号:0568-76-1179 ファクス番号:0568-76-4595お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。