地震・台風等による警報発令時における市主催講座及び施設利用の対応について

更新日:2020年01月14日

地震・台風等による警報発令時における市主催講座の対応について

1. 地震

1.地震に関する注意情報等が小牧市に発令された場合は、市主催の講座を中止します。また、講座開催中に注意情報が発令された場合は、講座を中止し、安全な場所に避難します。

2.注意情報が出される前に地震が発生したとき

(1) 震度5弱以上の地震の場合は、市主催の講座を中止します。また、震度4以上の地震の場合であっても、被害状況を鑑み中止することがあります。

(2) 震度4以下の地震の場合でも、安全が確認できない場合は、お越しにならないでください。

2. 台風等の暴風雨

1.大雨警報、洪水警報が小牧市に発令された場合でも、通常どおり市主催の講座を開催します。

2.暴風(暴風雪)警報、大雨特別警報、暴風(暴風雪)特別警報が小牧市に発令された次の場合は市主催の講座を中止します。

(1)講座開始時刻の2時間前までに、警報等が解除されない場合

(2)講座開始時刻の2時間前から開始時刻の間に、警報等が発令された場合

(3)講座開催中に警報等が発令された場合は講座の残り時間や天候の状況により、中止・短縮等の判断をします。

(4)暴風警報以外(特別警報、大雨洪水警報等)が発令されたり、その他の災害が発生した場合、安全が確認できない場合は、お越しにならないでください。

3. 受講者への連絡

講座の受講者個々への連絡は、基本的に行いません。詳しくは市民センター公民館窓口へお問い合わせください。

4. 市主催講座の振替について

講座開始前に中止した場合は、可能な限り振り替えを行いますが、講師や会場の都合により振り替えができない場合もあります。また、講座開始後に中止した場合は、原則として振り替えを行いません。

地震・台風等による警報発令時における施設利用の対応について

1.地震

1.地震に関する注意情報等が小牧市に発令された場合は、施設の利用許可の取消及び利用の中止をする場合があります。

2.注意情報が出される前に地震が発生したとき

(1) 震度5弱以上の地震の場合は、施設の利用を中止します。また、震度4以上の地震の場合であっても、被害状況を鑑み利用の中止をすることがあります。

(2) 震度4以下の地震の場合でも、安全が確認できない場合は、お越しにならないでください。

2.台風等の暴風雨

1. 暴風、大雨、洪水、大雪のいずれかの警報及び特別警報が小牧市に発令、または予想される場合の施設利用については、利用責任者に利用の判断をしていただいております。ただし、避難所の設置状況や利用者の安全を最優先とし、利用許可の取り消し、または利用の中止をする場合もあります。

2. 暴風、大雨、洪水、大雪のいずれかの警報の発令が予想される場合、公民館窓口から利用責任者に連絡をとらせていただくこともあります。

3.使用料の還付及び利用日の振替について

1. 次の場合は、事前に利用を中止する旨の申し出があれば、日時の変更、、または使用料の全額還付を行います。

(1) 暴風、大雨、洪水、大雪のいずれかの警報及び特別警報が小牧市に発令された場合

(2) 台風の接近に伴い警報等の発令が想定される場合

(3) 警報が発令されていなくても、積雪等により来館が困難な場合

2. 施設の利用中であっても避難所の設置状況や利用者の安全を最優先とし、施設利用の許可の取り消し、または利用中止をお願いする場合があります。その際、使用料の還付や振り替えはいたしません。

3. 他の日時の変更、使用料の還付については、事前に利用中止の申し出があった場合に限ります。詳しくは、市民センター公民館窓口にお問い合わせください。

 

【問い合わせ先】

〇東部市民センター 電話 0568-79-0011

〇北里市民センター 電話 0568-71-1197

〇味岡市民センター 電話 0568-76-7000