除籍

更新日:2017年08月31日

除籍全部事項証明書(除籍謄本)・除籍個人事項証明書(除籍抄本)とは

除籍とは、婚姻や離婚、死亡、転籍等によりその戸籍にいる人全員が抜け、誰も在籍していない状態の戸籍のことです。

除籍は、相続の手続き等の際に必要となることがあります。

除籍全部事項証明書(除籍謄本)

除籍に記載されている内容の全てを記載した証明書のことです。

除籍個人事項証明書(除籍抄本)

除籍に記載されている方の中の1人だけ、2人だけ等、必要な一部の方のみを記載した証明書のことです。

除籍を請求できる方

ご本人、配偶者、直系血族(父母、祖父母、子、孫等)

上記以外の方からの申請の場合は、委任状が必要です。

委任状

委任事項の3「除籍(原戸籍)全部事項証明の取得」もしくは4「除籍(原戸籍)個人事項証明の取得」に○をつけてください。なお、4の場合は、どなたのものが必要かもご記入ください。

(注意)委任状の内容は、全て委任者(請求者)本人が記入、押印してください。

(注意)兄弟、配偶者の父母(義理の父母)、子の配偶者(義理の子)からの申請であっても、委任状が必要です。

発行手数料

1通:750円

注意事項

戸籍の中のどなたかがお亡くなりになっても、その戸籍に残っている方がいる場合、その戸籍は「除籍」とはなりません。(例えば、ご夫婦のうちどちらかがお亡くなりになっても、もうお一人がご存命の場合はまだ「除籍」ではなく、「戸籍」です。)

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 市民課 証明発行係
小牧市役所 本庁舎1階
電話番号:0568-76-1121 ファクス番号:0568-76-1328

お問い合わせはこちらから