戸籍の附票

更新日:2017年08月31日

戸籍の附票とは戸籍に記載されている方の、その戸籍が作られてから現在に至るまでの住所の履歴の証明です。

戸籍の附票とは

出生、婚姻等の身分事項の証明である戸籍と、居住関係や世帯構成の証明である住民票を繋ぐことを目的としています。

市区町村をまたぐ住所異動を繰り返した場合でも、戸籍の異動が行われていない場合、ひとつの戸籍の附票の中にこれらの住所の履歴が記録されることとなります。

戸籍の附票は、不動産の登記や自動車の名義変更・廃車など、当時の住所と現在の住所の履歴を繋げる必要があるとき等に使用されます。

戸籍の附票を請求できる方

ご本人、配偶者、直系血族(父母、祖父母、子、孫等)

上記以外の方からの申請の場合は、委任状が必要です。

委任状

委任事項の5「戸籍の附票の取得」に○をつけてください。

(注意)委任状の内容は、全て委任者(請求者)本人が記入、押印してください。

(注意)兄弟、配偶者の父母(義理の父母)、子の配偶者(義理の子)からの申請であっても、委任状が必要です。

発行手数料

1通:200円

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 市民課 証明発行係
小牧市役所 本庁舎1階
電話番号:0568-76-1121 ファクス番号:0568-76-1328

お問い合わせはこちらから