アレルギーについて

更新日:2019年09月18日

厚生労働省の報告では、我が国全人口の約2人に1人が何らかのアレルギー疾患に罹患しているといわれており、その患者数は急速に増加しています。

アレルギー疾患には、アトピー性皮膚炎、気管支ぜん息、花粉症、食物アレルギーなど様々な疾患があり、急激な症状の悪化を繰り返したり、重症化する場合もあり、日常生活にも影響を及ぼしています。

かかりつけ医の定期的な受診に加え、症状や治療法をきちんと理解し、生活環境を整え、自身の健康管理も行うことで重症化を予防しましょう。

アレルギー疾患に関する適切な情報を提供できるよう、参考となる公的機関や学術団体などのホームページのリンクを設けています。

運営:一般社団法人日本アレルギー学会・厚生労働省

アレルギーについて、正しい知識を身につけて、疾患の治療、管理、予防をしましょう。

運営:厚生労働省

厚生労働省ホームページ上において、一般の方や医療従事者等の方に、関節リウマチや、喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎(花粉症)、食物アレルギー等のアレルギー系疾患に関する情報を入手できます。

運営:社団法人日本アレルギー学会

主に学会員向けのホームページですが、全国のアレルギー専門医の情報など、各種の情報を入手できます。

運営:財団法人日本アレルギー協会

アレルギー疾患情報など、各種の情報を入手できます。

運営:日本小児アレルギー学会

主に学会員向けのホームページですが、アレルギーQ&Aやマニュアルなど、各種の情報を入手できます。

運営:環境省

環境省ホームページ上において、「花粉飛散予測」、「花粉観測」、「花粉症保健指導マニュアル」など環境省の情報提供とその他花粉関連情報が掲載されています。なお、花粉観測については厚生労働省からデータの一部を提供しています。