水道事業ガイドラインに基づく業務指標

更新日:2017年08月31日

「水道事業ガイドライン」に基づく業務指標

水道事業ガイドラインは、水道事業における施設の整備状況や経営状況等の現状を総合的に評価するもので、平成17年1月に公益社団法人 日本水道協会が規格を制定した、全国の水道事業体共通の指標です。

1 業務指標の活用方法

  1. 業務指標を算出することで、他団体との比較や年次推移の検証等、各業務の現状把握を的確に行うことができます。
  2. 業務指標を公表することにより、事業運営の透明性の確保や、利用者の皆様との情報共有が可能になります。

2 水道事業ガイドライン業務指標

水道事業ガイドラインには全部で137項目に及ぶ業務指標が示されています。これらは、厚生労働省の「水道ビジョン」に従い、6つの目標(安心、安定、持続、環境、管理、国際)に分類されています。

1 安心

すべての国民が安心しておいしく飲める水道水の供給 22項目

  • a)水資源の保全 (5項目)
  • b)水源から給水栓までの水質管理 (17項目)

2 安定

いつでもどこでも安定的に生活用水を確保 33項目

  • a)連続した水道水の供給 (8項目)
  • b)将来への備え (7項目)
  • c)リスクの管理 (18項目)

3 持続

いつでも安心できる水を安定して供給 49項目

  • a)地域特性にあった運営基盤の強化 (27項目)
  • b)水道文化・技術の継承と発展 (12項目)
  • c)消費者ニーズをふまえた給水サービスの充実 (10項目)

4 環境

環境保全への貢献 7項目

  • a)地球温暖化防止、環境保全などの推進 (6項目)
  • b)健全な水循環 (1項目)

5 管理

水道システムの適正な実行・業務運営及び維持管理 24項目

  • a)適正な実行・業務運営 (9項目)
  • b)適正な維持管理 (15項目)

6 国際

我が国の経験の海外移転による国際貢献 2項目

  • a)技術の移転 (1項目)
  • b)国際機関、諸国との交流 (1項目)
この記事に関するお問い合わせ先

上下水道部 料金課
〒485-0814 小牧市古雅四丁目117番地
電話番号:0568-79-1320 ファクス番号:0568-79-1239
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始

お問い合わせはこちらから


「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。