尾張北部権利擁護支援センター協定締結式が行われました

更新日:2017年10月03日

平成29年9月29日、小牧市役所において尾張北部権利擁護支援センター運営事業の実施に関する協定締結式が行われました。

平成29年9月29日、小牧市役所において、山下史守朗小牧市長、久保田桂朗岩倉市長、鈴木雅博大口町長、千田勝隆扶桑町長出席のもと、尾張北部権利擁護支援センター運営事業の実施に関する協定締結式が行われました。

このセンターは、認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者など、判断能力が十分でない人に対して権利擁護に関する相談や利用支援等を行うことで、安心して暮らし続ける地域を目指すものです。

事業は、新設するNPO法人に小牧市、岩倉市、大口町及び扶桑町の2市2町が共同で委託して、小牧市総合福祉施設ふれあいセンター(小牧市小牧五丁目407番地)内の空きスペースに設置します。

センターの開設は、平成30年7月を予定しています。

協定締結式