投票の効力

更新日:2017年08月31日

投票の効力とは、その投票が有効か無効かということです。

せっかく投票した貴重な一票を無駄にしないよう、落ち着いて明確に記入してください。

投票用紙の記入内容

衆議院小選挙区、参議院選挙区、県知事、県議会議員、市長、市議会議員の各選挙

候補者1人の氏名を記入してください。

衆議院比例代表選挙

政党その他政治団体の名称又は略称を1つ記入してください。

参議院比例代表選挙

「候補者1人の氏名」又は「政党その他政治団体の名称又は略称を1つ」記入してください。

無効な投票

無効となる投票の例は、次のような場合です。

  • 所定の投票用紙を使用しなかったもの
  • 2人以上の候補者の氏名を記入したもの
  • 候補者の氏名のほか、他事を記入したもの(候補者の職業、身分、住所、敬称の類は除く。)
  • 候補者でない者の氏名を記入したもの
  • どの候補者の氏名を書いたのか確認できないもの
  • 単なる雑事、記号等を記入したもの
  • 何も記入していないもの(白紙投票)
この記事に関するお問い合わせ先

選挙管理委員会事務局 選挙係
小牧市役所 本庁舎4階
電話番号:0568-76-1104 ファクス番号:0568-75-5714

お問い合わせはこちらから