先輩の声 都市政策課

更新日:2017年08月31日

都市政策課 上條 稔貴 (2015年入庁・一般事務職)

事務所の中で立っている男性職員の写真

私は、自転車駐輪場の整理や放置自転車の撤去業務を委託したり、こまき巡回バスに関する業務として、交通規制の際の迂回ルートを考えたり、苦情・要望対応などをしています。
市役所の仕事は、市民との距離がとても近く、市民の暮らしに直結するものばかりです。それが魅力でもあり、責任感も感じます。
仕事で分からないことがあれば、丁寧に教えてくださる上司・先輩方に囲まれ、明るく親しみやすい雰囲気の中で、日々やりがいを感じながらも、楽しく仕事をしています。

事務所の中で座って説明している男性職員の写真

Q.入庁前と入庁後で印象が異なる点がありましたか。

市役所といえばデスクワークばかりというイメージがありましたが、現場確認に行ったり、市民団体の方々との協働をしたり、セミナーを受ける機会があったりと、思っていた以上に外出する機会が多かったです。

Q.職場の雰囲気を教えてください

仕事で分からないことがあれば丁寧に教えてくださる上司・先輩方ばかりです。飲み会やプライベートでの交流もあり、明るく親しみやすい雰囲気です。硬い雰囲気を想像していたので、いい意味でギャップがありました。

Q.どんなときにやりがいを感じますか

自分たちが考えたルートをバスが走って、沢山の方に利用していただいているのを見たときは、達成感ややりがいを感じます。
市役所の仕事は、市民の皆様に平等にサービスを提供する必要があるので、せっかく意見や要望を頂いても、折り合いがつかない場面があったり、それによって厳しいお言葉をもらうこともありますが、皆様の生活の基盤を作ることができる大切で責任のある仕事だと思います。
また、先輩や上司に褒められたとき、そして何より市民の皆様から感謝の言葉をいただいたときには、うれしい気持ちになりますし、やってよかったな、またがんばろうと思えます。

Q.どんな試験対策をしましたか。

マイペースに試験勉強をしていました。
自分は長時間机に向かうのが苦手だったので、環境を変えるために、ベッドの上や通学中の電車の中でやったり、集中力の続く数時間だけ図書館に行ってみたり、1人でカラオケに行って勉強したりと、自分が一番集中できる環境で勉強するようにしていました。特にカラオケでの勉強は意外と捗るのでお勧めです。

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 行政経営課 人事係
小牧市役所 本庁舎4階
電話番号:0568-76-1109 ファクス番号:0568-75-5714

お問い合わせはこちらから