小牧市まち・ひと・しごと創生総合戦略等の策定に係る基本方針

更新日:2017年08月31日

策定の趣旨

 小牧市における今後の人口問題に対応するとともに、住みよい環境を確保し、将来にわたって活力あるまちを維持するために、まち・ひと・しごと創生法に基づき策定された国の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」及び「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」を勘案しつつ、今後目指すべき将来の方向と人口の将来展望を示した「小牧市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン」(以下「人口ビジョン」という。)及び、これを踏まえた今後5か年の目標や施策の基本的方向、具体的な施策をまとめた「小牧市まち・ひと・しごと創生総合戦略」(以下「総合戦略」という。)を策定する。

策定の視点

人口ビジョン

  1. 対象期間は、国の長期ビジョンの期間(平成72(2060)年)と同じものとする。
  2. 小牧市における人口の現状分析を行い、今後の人口の変化が地域の将来に与える影響の分析・考察を示す。
  3. 現状分析における課題を踏まえ、今後目指すべき将来の方向性と人口の将来展望を示す。
  4. 総合戦略において、まち・ひと・しごと創生の実現に向けて効果的な施策を企画立案する上で重要な基礎となるものとする。

総合戦略

  1. 対象期間は、国の総合戦略の期間(平成27~31年度)と同じものとする。
  2. 国の総合戦略で示された「まち・ひと・しごとの創生に向けた政策5原則」を踏まえる。
    ・自立性:一過性の施策ではなく、地域の自立につながる
    ・将来性:地方が主体となった夢を持って前向きに取り組む
    ・地域性:地域の実情・特色を踏まえる
    ・直接性:まち・ひと・しごと創生に直結する
    ・結果重視:目指すべき成果が具体的な数値で、事後検証できる
  3. 国の総合戦略に掲げられた以下4つの基本目標を勘案し、基本目標、基本的方向及び具体的な施策を検討する。
    ・地方における安定した雇用を創出する
    ・地方への新しいひとの流れをつくる
    ・若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる
    ・時代に合った地域をつくり、安心なくらしを守るとともに、地域と地域を連携する
  4. 人口ビジョンを踏まえ、取り組むべき政策を定め、政策ごとに今後5か年の基本目標(実現すべき成果に係る数値目標)を示す。
  5. 基本目標の達成に向けて、政策を推進していく基本的方向を示す。
  6. 基本的方向に沿った具体的な施策及びその成果を測る重要業績評価指標(KPI)を示す。
  7. PDCAサイクルを導入し、KPIの達成度を検証し、改善することが可能な仕組みとする。

策定体制

策定体制のイメージの図

(仮称)まち・ひと・しごと創生戦略会議

 まち・ひと・しごと創生を効果的・効率的に推進していくために、産業界・行政機関・教育機関・金融機関・労働団体・メディア等の幅広い分野の専門的知識を有する関係者と議論を行う。

策定スケジュール

策定スケジュールの図
この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書政策課 市政戦略係
小牧市役所 本庁舎5階
電話番号:0568-76-1105 ファクス番号:0568-71-3138

お問い合わせはこちらから