新型コロナウイルス感染症拡大抑制活動に係る市民活動助成金交付制度の特例措置について

更新日:2020年05月12日

※令和2年度市民活動助成金の募集は終了しました。

特例措置の目的

全国で感染が拡大している新型コロナウイルス感染症の小牧市内での感染拡大を防ぐため、現在、対象事業や団体を募集している「市民活動助成金交付制度」について、緊急的に特例措置を定め、市民の感染拡大防止に係る活動を最大限支援することにより、自助・共助・公助による新型コロナウイルス感染症の拡大の抑制に寄与することを目的とします。

特例措置の対象となる活動

市民が自主的・自立的に行う、営利を目的しない新型コロナウイルス感染症の感染抑制に係る活動

【特例措置の対象となる活動の例】

  • 全国的に不足しているマスクを作製し、必要とする特別養護老人ホームや介護老人保健施設など、マスクを必要としている福祉施設等に寄付する活動
  • 手洗い・うがいの励行や、「密閉」「密集」「密接」の三密を避けるように促すチラシを作成し、各所に配布する活動 など

特例措置の内容

特例措置の対象となる活動に限り、

  1. 「はじめる部門」で活動に携わるスタッフの人件費の計上を認めます。
  2. 「ひろげる部門」、「つなげる部門」で設定されている補助率を免除します。

    【設定されている補助率】

    助成1回目:80%以内 助成2回目:70%以内 助成3回目:60%以内

    (※いずれも助成対象経費のうちとする)

  3. 法人格の有無を問わず、設立5年未満の団体であっても、すべての部門に申請ができることとします。

特例措置の期間

本方針に定める特例措置については、令和2年度のみの時限措置です。

ただし、今後の新型コロナウイルスの感染状況によっては、変更になる場合があります。

その他

本方針に定める特例措置のほか、市民活動助成金の交付に際して必要な事項については、「小牧市市民活動助成金交付要綱」及び「令和2年度小牧市民活動助成金対象団体・事業 募集要領」の定めるところによります。

この記事に関するお問い合わせ先

健康生きがい支え合い推進部 支え合い協働推進課 市民協働係 
小牧市役所 本庁舎3階
電話番号:0568-76-1629 ファクス番号:0568-75-8283

お問い合わせはこちらから