市民活動団体との協働事業

更新日:2017年09月28日

 「協働」とは、立場の違う主体同士が、それぞれが持つ長所を生かしあい、対等の関係を保ちながら1つのことに取り組むことにより、単独ではできない大きな成果を得ることを目指すものです。

 協働には、「協働委託」「補助・助成」「協力」「後援」など様々な“かたち”があります。

協働マンのイラスト
  • 「協働委託」 行政サービスの一部を、行政にない優れた特性を持つ市民活動団体等に委ねる協働のかたち
  • 「補助・助成」 市民活動団体等の自発的な事業のうち、行政が公益上有益であると認めた場合、行政が作成した資格要件をクリアできる事業者もしくは市民活動団体等に対して、事業費の一部を補完する交付金を支出して事業を行ってもらう協働のかたち
  • 「協力」 行政と市民活動団体等が、同じ目的のもと役割分担を定めて協力関係を結ぶ協働のかたち
  • 「後援」 市民活動団体等の取り組みにおいて、行政が公益上有益であると認めた場合に、名義を貸すことで後ろだてとなり、市民活動団体等が集客や資金集めが円滑に行えるような信用を与える協働のかたち

(注意)上記に示す協働のかたちについては、行政手続きの範囲における協働のいくつかの手段であり、これらが「協働のすべて」ではありません。お互いが対等な立場で、役割や責任を明確にしながら、同じ目的や目標に取り組めば、それは「協働」であり、上記以外にも協働の方法は多様にあり得ます。

市民活動団体と市との協働事業一覧

小牧市では、様々な協働のかたちにより協働事業を実施しています。
市民活動団体と市との協働事業(後援を除く)については、以下をご覧ください。

(注意)上記の一覧は市民活動団体と市との協働事業ですが、他にも「市民活動団体と事業者」「地域コミュニティと行政」「企業と行政」など多種多様な協働があります。

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 協働推進課 市民協働係
小牧市役所 本庁舎4階
電話番号:0568-76-1629 ファクス番号:0568-75-5714

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。