こまき市民討議会「まちづくりミーティング2013」

更新日:2017年08月31日

こまき市民討議会まちづくりミーティング2013実施報告書が提出されました

実施報告書提出式の様子

実施報告書提出式の様子

 12月17日火曜日、先日行われた「こまき市民討議会 まちづくりミーティング2013」の実施報告書が、一般社団法人小牧青年会議所より小牧市へ提出されました。
 提出にあたり、小牧青年会議所の中野理事長からは「討議会の当日は活発な議論が交わされた。また参加者のアンケートからは今後の市民参加について前向きな意見が多く見られた。今回の反省を来年に生かし、今後もより良い市民討議会を実施していきたい」とのあいさつをいただきました。
 また、市長は「無作為抽出で参加者を募る、という手法は良い手法だと思う。市民参加意識の醸成のために今後も続けていってほしい」と述べました。

こまき市民討議会「まちづくりミーティング2013」が開催されました

一般社団法人小牧青年会議所と市の協働事業として、今年で 2回目となります「こまき市民討議会まちづくりミーティング2013」が開催されました。当日は、無作為抽出した 20歳以上の市民2,000人のうち、募集に応じた39人の市民により討議(話し合い)が行われました。

開催概要

会場の様子の写真

討議会の様子

日程

平成 25年 10月27日(日曜日) 午前10時~午後4時30分

場所

市公民館 講堂

討議テーマ

テーマ1「地域(市民)で考える防災・減災について」

テーマ2「小牧の魅力・愛着について」

当日の様子

情報提供

討議(話し合い)を始める前に、テーマに関する情報提供が行われました。テーマ1では小牧防災リーダー会より地震災害の被害想定や「自助」「共助」の大切さ、また、テーマ2では市担当職員から「小牧ブランド調査」の結果が情報提供として説明されました。

情報提供

小牧防災リーダー会からの情報提供

グループ討議

参加された市民は7つのグループに分かれ、それぞれファシリテーター(進行役)の補助のもと討議(話し合い)を行いました。今回の討議会では、前回の討議会に参加いただいた市民の方にもファシリテーターとして協力いただき、活発な意見交換、話し合いが行われました。グループのメンバーは討議のテーマごとにシャッフルされ、話し合いで出てきたアイデアを作業シートに貼り付けて、さらに議論を深めました。

グループ討議1の様子の写真

グループ討議の様子1

グループ討議2の様子の写真

グループ討議の様子2

発表・投票

話し合いの結果を3つにまとめ、グループごとに会場の参加者に向かって発表を行いました。テーマ1では「家庭内での備えが重要」「防災意識の高揚を図る必要がある」などの意見、テーマ2では「小牧の歴史を発信することが不可欠」「小牧山の活用が魅力・愛着を高めることにつながる」などの意見が出されました。発表の後、参加者が投票シールを持ち、自分がいいなと思った意見にシールを貼って投票を行いました。

当日の討議内容については、討議会の概要などとともに小牧青年会議所より報告書としてまとめられ、後日、市へ提出されます。

発表の様子の写真

発表の様子

投票の様子の写真

投票の様子 

こまき市民討議会は一般社団法人小牧青年会議所との協働事業です

協定締結の様子の写真

協定締結の様子(4月22日)

こまき市民討議会は市民が市政に参画する新しい試みとして一般社団法人小牧青年会議所からの企画提案により、市との協働による開催が決定し、その実施について、両者の関係や役割分担、相互協力の内容を定めるため、協定を締結しています。

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 協働推進課 市民協働係
小牧市役所 本庁舎4階
電話番号:0568-76-1629 ファクス番号:0568-75-5714

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。