行政不服審査について

更新日:2017年08月31日

行政不服審査法に基づく審査請求

行政不服審査法に基づく審査請求は、処分があったことを知った日の翌日から起算して3か月以内にすることができます。ただし、処分があったことを知った日の翌日から起算して1年を経過すると、審査請求をすることができなくなります。

審査請求があったときは、審理員による審理手続の後、第三者機関である小牧市行政不服審査会への諮問を経て、その答申を踏まえて、審査請求に対する裁決をします。

行政不服審査法の概要等については、総務省のホームページをご覧ください。

小牧市行政不服審査会

行政不服審査法第81条第4項の規定に基づき、小牧市行政不服審査会を設置しました。

小牧市行政不服審査会委員
氏名 職業等
会長 大宮 隆志 弁護士
青山 倫子 税理士
犬飼 敦雄 弁護士
萩原 聡央 名古屋経済大学法学部教授
洞澤 秀雄 南山大学法学部准教授
小牧市行政不服審査会答申
答申番号 事件名 結論
平成28年度答申第1号 平成28年度固定資産税及び都市計画税賦課決定処分に係る審査請求 棄却すべきものとする
この記事に関するお問い合わせ先

総務部 総務課 文書法規係
小牧市役所 本庁舎4階
電話番号:0568-76-1180 ファクス番号:0568-75-5714

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。