姉妹都市、友好都市等交流事業助成金

更新日:2017年08月31日

姉妹都市、友好都市等交流事業助成金について

小牧市では、姉妹都市・友好都市であるワイアンドット市(アメリカミシガン州)、安養市(大韓民国京畿道)や、平成17年に開催された愛知万博フレンドシップ国であったタンザニア連合共和国のモシ市へ訪問される方に助成を行っています。
小牧市に在住、在学、在勤の方は、この機会にぜひご利用いただき、小牧市と縁のある都市の人々と交流を深めてみてはいかがでしょうか。

助成対象(以下のいずれかに該当する場合)

  • 小牧市内在住の方
  • 小牧市内在勤の方
  • 小牧市内の高等学校又は大学に在学の方

(注意)市外在住で、市内在勤又は市内在学の方は、在勤又は在学が証明できるものをお持ちください。

助成内容(平成21年4月1日よりモシ市が新たに助成対象に加わりました。)

ワイアンドット市

  • 条件
    滞在期間:2泊以上
    渡航費・宿泊費の総額:8万円を超えること
  • 助成額
    個人:3万円 団体:30万円

安養市

  • 条件
    滞在期間:1泊以上
    渡航費・宿泊費の総額:5万円を超えること
  • 助成額
    個人:1万円 団体:10万円

モシ市

  • 条件
    滞在期間:1泊以上
    渡航費・宿泊費の総額:15万円を越えること
  • 助成額
    個人:5万円 団体:50万円

(注意)助成額について 10名以上で渡航する場合は、団体としての金額が適用され、団体に対し上記金額が支払われます。

注意事項

  • 友好交流を目的として訪問した場合に限ります(勤務や学業を目的に訪問した場合は助成されません)。
  • 招待や無料航空券を利用した場合は助成されません。
  • 1度助成金が支給されると、翌年度(4月1日から3月31日まで)は助成を受けることができませんのでご注意ください。

申請方法

窓口

小牧市役所本庁舎3階シティプロモーション課観光交流係の窓口で受け付けております。

(注意)平成26年4月1日から、姉妹都市・友好都市交流助成金申請窓口は生活交流課からシティプロモーション課へ変更となります。

渡航1週間前までに、以下の書類を窓口へ提出ください。

渡航期間中の行程内容のわかるもの

帰国後1ヶ月以内に、以下の書類を窓口へ提出ください。

  • 渡航期間中に交流された際の感想文(実際に現地で撮影された写真も添付ください)
  • 航空券の写し
  • 宿泊先又は旅行社へ支払われた際の領収書の写し
この記事に関するお問い合わせ先

地域活性化営業部 シティプロモーション課 観光交流係
小牧市役所 本庁舎3階
電話番号:0568-76-1172 ファクス番号:0568-75-8283

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。