木造住宅への耐震改修補助金制度

更新日:2017年08月31日

市では愛知県と連携して、耐震診断を受けられた木造住宅で「倒壊する可能性が高い」(判定値0.7未満)、「倒壊する可能性がある」(判定値0.7以上1.0未満)と診断された木造住宅を、耐震改修する場合に補助金制度を設けております。

耐震改修事業について

申込みを先着順にて受付けしていますので、詳細については建築課まで事前に相談してください。

補助を受けるには、木造住宅の耐震診断を受けられることが前提になります。まずは無料耐震診断申請書を提出し、市が派遣する診断員の耐震診断を受けましょう。

対象建物

昭和56年5月31日以前に着工された在来軸組構法及び伝統構法の木造住宅(戸建て、長屋、併用住宅、共同住宅で貸家を含む)で市が行う無料耐震診断を実施し、「倒壊する可能性が高い」(判定値0.7未満)、「倒壊する可能性がある」(判定値0.7以上1.0未満)と判断された建物(一般財団法人 愛知県建築住宅センターが実施する耐震診断の場合は得点が80点未満の建物)

(注意)すでに耐震改修工事を着工または完了した住宅、耐震シェルター等設置費補助金を受けた住宅は、補助の対象になりません。

改修内容等

耐震改修工事により、「一応倒壊しない」(判定値1.0以上)と評価されるまでの改修を行う。
ただし、「倒壊する可能性がある」と判断された建物の場合は、改修工事前の判定値に0.3を加算した数値以上とする耐震改修を行う。

改修申込者

住宅の所有者または所有者の同意を得られる居住者で、市税を完納している方

補助金の額

1戸あたり限度額90万円(耐震補強工事、改修設計及び附帯工事費の合計が90万円未満の場合はその金額)。

申込方法

建築課に事前相談のうえ、補助金交付申請書に必要事項を記入し、添付書類(建築士の資格を持った方が作成した補強計画図など)を工事着手の30日前までに直接建築課へ提出

申込時間

閉庁日を除き午前8時30分から午後5時15分

税の軽減

平成18年度税制改正において、耐震改修工事を行われた方には税の軽減が受けられます。

  1. 所得税額の特別控除

    問い合わせ先:
    小牧税務署
    電話:0568-72-2111
     
  2. 固定資産税額の軽減措置が「住宅・建築物に係る耐震改修促進税制」として創設されました。

    問い合わせ先:
    小牧市資産税課
    電話:0568-76-1177

その他

先着順受付で申込み多数の場合は、来年度以降の受付となりますのでご了承ください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先
都市建設部 建築課 建築係
小牧市役所 東庁舎1階
電話番号:0568-76-1142 ファクス番号:0568-76-1144お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。