指揮車(しきしゃ)

更新日:2017年08月31日

指揮車の写真

指揮車(しきしゃ)

本署(ほんしょ)に配備(はいび)され、災害現場(さいがいげんば)での指揮活動(しきかつどう)において活躍(かつやく)します。

指揮車車内のテーブルと椅子の写真

指揮車(しきしゃ)の車内(しゃない)

前席(ぜんせき)と後部座席(こうぶざせき)の間にはテーブルがあり、出動(しゅつどう)から現場到着(げんばとうちゃく)までの間に災害現場(さいがいげんば)での活動方針(かつどうほうしん)などを話し合います。

他の消防車(しょうぼうしゃ)には積載(せきさい)されていないパソコン・プリンタ・ファクスなどが積載(せきさい)されていて、現場(げんば)にて各関係機関(かくかんけいきかん)とやりとりができるようになっています。

指揮車上部のLED表示ボードの写真

LED表示ボード

車両上部(しゃりょうじょうぶ)にはLED表示(ひょうじ)ボードが設置(せっち)されており、車載(しゃさい)のコントロール装置(そうち)にて表示内容(ひょうじないよう)を選択(せんたく)し、災害情報(さいがいじょうほう)を車外(しゃがい)に表示(ひょうじ)することで、災害現場(さいがいげんば)において効果的(こうかてき)な広報活動(こうほうかつどう)を行うことができます。

主な仕様

  • 車両メーカー:トヨタ
  • 型式:CBF-TRH226S
  • 乗車定員:5人
  • 車両総重量:2,930キログラム
  • 総排気量:2,690cc
  • 長さ:5.6メートル
  • 幅:1.88メートル
  • 高さ:2.94メートル

指揮車の役割

まず、出動途上(しゅつどうとじょう)にて「指揮宣言(しきせんげん)」を行い、各隊(かくたい)がどのような活動を行うか任務指定(にんむしてい)をします。
現場到着後(げんばとうちゃくご)は、どのような災害(さいがい)であるかを把握(はあく)し、活動方針(かつどうほうしん)を決定する必要があります。そのため、事故関係者(じこかんけいしゃ)から災害発生(さいがいはっせい)の細かい状況(じょうきょう)を聴取(ちょうしゅ)していきます。また、活動隊(かつどうたい)が安全な活動を行えるように現場(げんば)を管理(かんり)し、危険(きけん)なことを回避(かいひ)できるように努めます。
各関係機関(かくかんけいきかん)との調整(ちょうせい)も行ないます。

指揮車の出動条件

基本的(きほんてき)に、3台以上の車両(しゃりょう)が出動(しゅつどう)するような火災事案(かさいじあん)や救助事案(きゅうじょじあん)に出動(しゅつどう)します。
また、応援協定(おうえんきょうてい)が結ばれている近隣消防本部(きんりんしょうぼうほんぶ)との境界地区(きょうかいちく)で災害(さいがい)が発生(はっせい)した場合にも出動(しゅつどう)することがあります。
その他、大規模災害(だいきぼさいがい)や特殊災害(とくしゅさいがい)に出動(しゅつどう)し、現場指揮(げんばしき)を執(と)ります。

この記事に関するお問い合わせ先

消防本部 消防署 警防第1係
〒485-0014 小牧市安田町119番地
電話番号:0568-76-0275 ファクス番号:0568-73-5614

お問い合わせはこちらから