火災系救助(はしご車訓練)

更新日:2018年03月02日

小牧市には、はしご車が2台あります。本署に配備されている35メートル先端屈折のはしご車と、東支署に配備されている40メートル直進はしご車です。

35メートル先端屈折はしご車訓練

消防署の前ではしごを伸ばした消防車と救急車の写真

消防署庁舎を災害現場と想定して、実戦さながらの訓練を行います。

写真は本署の35メートル先端屈折はしご車を使用した訓練の様子です。

はしご先端の屈折部分にいる隊員3名の写真

本署のはしご車は先端が屈折する(折れ曲がる)はしご車のため、看板のような障害物を越えることができます。看板や障害物の屋で、助けを求めている人の元へ近づくことが可能となります。

消防署の屋上へ伸びたはしごの先端にいる隊員の写真

災害発生時、消火活動や人命救助活動を迅速に行うため、日頃から訓練を繰り返し行っています。

この記事に関するお問い合わせ先

消防本部 消防署 警防第1係
〒485-0014 小牧市安田町119番地
電話番号:0568-76-0275 ファクス番号:0568-73-5614

お問い合わせはこちらから