高規格救急車について

更新日:2017年08月31日

高規格救急車の写真

小牧市には5台の救急車があり、すべて高規格救急車です。この高規格救急車には、救急救命士など救急救命処置を実施できる資器材とスペースが確保されています。

救急車内の様子

救急車左後部

救急車内の写真

左上部からファクス、酸素吸入器、酸素マスク、体温計、携帯電話、吸引器、生体情報監視モニタ(血圧計、心電図、血中酸素飽和度測定器)、人工呼吸器、心電図伝送装置などを積載しています。
ストレッチャー上には、AED(自動体外式除細動器)、人工呼吸をするためのバックバルブマスクなどをいれたバック、毛布、携帯型酸素ボンベなどがあります。

救急車運転席と助手席

救急車内の写真

助手席には救急無線、車両動態管理装置があり、通信指令室で消防車、救急車の位置が分かるようになっています。(GPS装置)

中央にはサイレンスイッチがあり、ピーポー音の入切や付属マイクを使って走行車両に注意を呼びかけるのに使用します。

後部席の天井部

救急車内の写真

スクープストレッチャーといわれる搬送、固定具、ティッシュ、感染防止衣、照明装置、予備の毛布、各種バックを収納する棚などがあります。

救急車の外側

救急車外側の写真

バール、万能破壊器、グラスマスター(自動車のガラスを切る道具)、シートベルトを切ったり、ガラスを割るハンマーなどの簡単な救助資器材もあります。

この記事に関するお問い合わせ先

消防本部 消防署 救急第1係
〒485-0014 小牧市安田町119番地
電話番号:0568-76-0276 ファクス番号:0568-73-5614

お問い合わせはこちらから