AED(自動体外式除細動器)って何?

更新日:2017年08月31日

オレンジ色のAEDの写真

自動体外除細動器(AED=Automated:自動 External:体外式 Defibrillator:除細動器)とは、心臓への電気ショックを行うための機器です。突然に心臓が止まる原因の多くは、心室細動(心臓が突然ブルブルと震えだし心臓がうまく働かない状態)が原因と言われています。この場合には、できるだけ早く心臓に電気ショックを与え、心臓の動きを取り戻すことが重要です。

緑色のAEDの写真

今までAEDは、医師や救急救命士しか使うことができませんでしたが、平成16年7月から、このホームページを見ている皆さんにも使用できるようになりました。AEDが自動的に心臓の状態を調べ、電気ショックが必要かどうか決定し、音声メッセージで電気ショックを指示してくれるので、簡単で確実に操作することができます。

黄色のAEDの写真

現在、市役所や学校などの公共施設や駅、人の出入りが多いショッピングセンターや、多くの人が働く会社などにAEDが置かれています。安心してAEDを使うために、消防署が行っている講習をぜひ受けてください。そして、自分の近くで誰かが突然倒れた時には、このAEDを使用して救命に役立ててください。

  • クリックすると総務省消防庁のCMが見れます。
  • 手段や形態を問わず掲載内容(画像、動画、記事など)の複製・転載を禁じます。
    (当消防本部は総務省消防庁に掲載許可をもらい掲載しております。)
この記事に関するお問い合わせ先

消防本部 消防署 救急第1係
〒485-0014 小牧市安田町119番地
電話番号:0568-76-0276 ファクス番号:0568-73-5614

お問い合わせはこちらから