水そう車

更新日:2017年08月31日

本署水そう車の写真

本署水そう車

小牧市には、本署・東支署・北支署にそれぞれ1台ずつ、計3台が配備されています。

本署及び東支署の水そう車は10,000リットル、北支署の水そう車は5,000リットルの水を積載しています。

加圧排煙機の写真

加圧排煙機

本署水そう車に積載されている「加圧排煙機」です。

火災現場において、加圧排煙機を使用して大量の風を送風することで、濃煙や熱気を排除することができ、より効果的な活動を行うことができます。

主な仕様

  • 車両メーカー:日野自動車
  • 型式:BDG-FR1APYA
  • 乗車定員:3人
  • 車両総重量:21,615キログラム
  • 総排気量:8,860cc
  • 最大積水量:10,000リットル
  • 長さ:9.6メートル
  • 幅:2.49メートル
  • 高さ:3.23メートル

水そう車の役割

水そう車は、5,000リットルまたは10,000リットルと、他の消防車両と比べてたくさんの水を積載しており、水そう車が出動することで、それだけの水を確保することができます。

火災現場から消火栓が遠く、水の確保に時間がかかる場合や、高速道路で車両火災が発生した場合(高速道路に消火栓はありません)などは、水そう車が大きな役割を果たします。

水そう車の出動条件

建物火災や車両火災には1台、林野火災や危険物施設の火災には2台の水そう車が出動します。

この記事に関するお問い合わせ先

消防本部 消防署 警防第1係
〒485-0014 小牧市安田町119番地
電話番号:0568-76-0275 ファクス番号:0568-73-5614

お問い合わせはこちらから