消防ポンプ車

更新日:2017年08月31日

東支署消防5号車の写真

東支署消防5号車

消防5号車は水を積載していません。
火災活動時には、他の消防車から水をもらったり、消火栓や防火水槽などの水利から水を確保します。

大型油圧救助資器材を操作する隊員の写真

大型油圧救助資器材

大型油圧救助資器材などを積載しており、交通救助にも対応しています。

主な仕様

  • 車両メーカー:三菱
  • 登録日:平成13年2月27日
  • 型式:KK-FE53EB改
  • 乗車定員:5人
  • 車両総重量:5,145キログラム
  • 総排気量:5,240cc
  • 長さ:5.25メートル
  • 幅:1.88メートル
  • 高さ:2.86メートル
  • 規格:CD-1

消防5号車の役割

消防5号車はタンクを積んでいないため、消火栓や防火水槽の水を使って放水します。主に放水中の車両に水を送ることが多いです。

しかし山林や狭あいな場所で火災が発生した場合、現場から最も近い場所で放水をすることもあります。また消火栓や防火水槽などから火災現場までが遠く、多くのホースを用いなければ水が届かない場合は、水を送る力が弱まってしまいます。そのような時は、消火栓や防火水槽などから水を確保している車両と放水する車両の間に入り、水を送る力を強める仕事をすることがあります。

さらに救助用の資器材も積載しているため、救助出動する場合もあります。

消防5号車の出動条件

火災はもちろんですが、救助事案に出動する場合もあります。

東支署管内は山林が多いので、消防5号車のような小ぶりな車体は林野火災や狭あいな場所での災害に対して、現場到着が容易になります。

この記事に関するお問い合わせ先

消防本部 消防署 警防第1係
〒485-0014 小牧市安田町119番地
電話番号:0568-76-0275 ファクス番号:0568-73-5614

お問い合わせはこちらから