CAFS(キャフス)搭載車

更新日:2017年08月31日

CAFS搭載車両

キャフスを搭載した消防車の写真

消防4号車

左の写真の消防4号車は、本署に配備されています。

キャフスを搭載した消防車の写真

消防2号車

右の写真の消防2号車は、北支署に配備されています。

キャフスを搭載した科学車

化学車(南支署)

左の写真の化学車は、南支署に配備されています。

CAFS(キャフス)とは

CAFS(キャフス)とは、Compressed Air Foam Systemの頭文字をとっており、圧縮空気泡消火装置という意味です。簡単に言うと、水と消火薬剤を高圧の空気で混ぜて泡を作る装置で、消防車の中に組み込まれています。

CAFS(キャフス)の特徴

消防士が手に持ったホースで建物に向けて泡を放水している写真

小牧消防初のCAFS(キャフス)搭載車で、この装置に使用される消火薬剤は、住宅火災のほかプラスチックやゴム製品、水だけでは消しにくいタイヤが燃える火災にも大変有効なものです。このCAFS(キャフス)を使用することにより放水量を大きく減らすことができるため、特にアパートやマンションなどの火災では、下の階の水損防止に効果を発揮します。

主な仕様

仕様比較
  消防4号車(本署) 消防2号車(北支署) 化学車(南支署)
車両メーカー 日野 日野 日野
型式 TKG-XZU640M SDG-GX7JGAA改 LDG-FE7JGAA
乗車定員 5人 6人 5人
車両総重量 6,745キログラム 10,400キログラム 11,915キログラム
車両排気量 4,000cc 6,400cc 6.400cc
最大積載水量 600リットル 1,500リットル 1,800リットル
長さ 570センチメートル 728センチメートル 745センチメートル
192センチメートル 230センチメートル 230センチメートル
高さ 305センチメートル 300センチメートル 305センチメートル
特徴 狭い道路への進入を可能とするため、車体を小さくしてあります。 緊急消防援助隊として被災地にも出動するため、四輪駆動(4WD)です。 ガソリンなどの危険物による火災に対応するための車両です。

CAFS(キャフス)で使用する泡の成分

天然成分由来の界面活性剤を主成分としています。つまり、石けんやシャンプーと同じです。また、放水後の泡は自然と消えていきます。成分が石けんやシャンプーと同じなので、環境にやさしいものになっています。

CAFS(キャフス)搭載車の出動条件

小牧市消防署では、一般建物火災、高層建物火災、車両火災、山林火災、産業廃棄物火災(タイヤ等)など、火災全般に第一線で出動する車両になります。また、救助出動や救急支援出動など多種多様の災害にも対応します。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

消防本部 消防署 警防第1係
〒485-0014 小牧市安田町119番地
電話番号:0568-76-0275 ファクス番号:0568-73-5614

お問い合わせはこちらから